FC2ブログ

佐和山物語 あやしの文と恋嵐 感想(ネタバレあり)

2009.06.17 (Wed)
「佐和山物語 あやしの文と恋嵐」
読み終わりました♪なかなか面白かったです。

●あらすじ
戦国の熱気をはらむ世の初め。大名家の娘・あこは、超美形の許嫁・直継にお嫁入り・・・・のハズが、祓いの力を持つ彼の周りはモノノケだらけ!しかも、あこ自身がいわくつき&モノノケ体質のため、直継と別居することに!!久々に再会した幼馴染のイイ男・小一郎は、「辛くないか?」とやさしいけど、必死で逢いに行った直継は冷たい。そんな心の隙間を、直継の宿敵・石田三成に狙われたあこは!?


感想は、ネタばれもあるので、注意。
というか、ネタばれしかしてない?
【編集】 |  01:30 |  ライトノベル  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

「佐和山物語 ~あやかし屋敷で婚礼を~」感想

2009.05.11 (Mon)
「佐和山物語 ~あやかし屋敷で婚礼を~」感想です。
やっと読み終わりました。発売日に買ったのに、何か月もかかってしまいました;

話の舞台は、江戸時代初期。まだ本当に始まったばかり。
井伊家に嫁入りすることになっている、鳥居家の娘・あこ。
井伊の居城がある佐和山へ出立することに。
5月に出発したはずなのに、佐和山へつくと5月とは思えない寒さだった。
偶然出会った、井伊家の家臣・采女の案内で城へ。
しかし、井伊家には、あこが行くことを文で知らせていたはずなのに、
井伊家の人は何も知らないようだった。
聞けば、今は2月だという・・・・あこは人の世とは違うところへ
迷い込み、迷い人となってしまっていたのだった。


あこの許婚、井伊直継は、めちゃくちゃ美形。
あこ自身ですら、その美しさに驚いてしまったほど!
無愛想で無口で、言い方もきつい。ということで、クールなツンデレです。
好みのキャラ(笑)

直継の目付け役・采女は、穏やかで爽やか♪
笑顔がやさしく、紳士的!やっぱり美男。
イメージ的には、まるマのコンラッドに似ているかも。

たまは童女の姿をしているが、実は遠江で直継の父・直政に力を与えた竜神。
猫や剣にも姿を変えることができる。
直継にもしたがっていて、「主 命!」。あこにとっては小姑。

井伊家の裏の顔として、実はモノノケを祓うことを生業としていた。
さらに、佐和山は、死の気が多い地であり“もの”がたくさんいる地であった。
あこも、直継が祓う様を目の当たりにしている。

直継は、あこに「江戸へ、帰れ」と告げる。ショックをうけるあこ。
ひどいようではあるが、実は危ない佐和山の地から、あこを遠ざけるためであった。

祓いを続ける影響で、体が強くない直継は寝込んでしまった。
その分、多くの仕事をこなす采女。これでは采女も倒れてしまう。
采女にも休むように言うあこ。ちゃんと休むかどうかを見届けるために、屋敷まで
同行する。しかし、その道中、おだやかで優しい采女と思えない言動に、
采女の様子がおかしいことに気付きます。
「あなたは・・・だあれ?」

ま、采女に石田三成の亡霊がとり憑いて、徳川に復讐するべく、
再び戦乱を起こそうとするんだけど、なんとか、それを阻止するって話です。
佐和山は、もともと関ヶ原以前は、石田の領地だったみたいですからね。

びっくりしたのは、采女の身体だって分かっているにも関わらず、
采女の身体ごと貫いて、石田を退けたところですね。
生きてるけど、采女は真面目に大けがですよ;

ちゃんとラノベらしく、いろいろと胸キュン(?)ポイントはありました♪
紳士的な采女が素敵で爽やか100%だったり。
木俣の親バカ的なところとか。右近殿(直継)が大切なのがよくわかる!
直政の見えない親心とか。
あこの寝着姿を見ても、ドキリともしない直継とか(王道パターン)。
口じゃ言わないけど、何かとあこに気遣ってくれる直継とか。
最終的にはやっぱり江戸に帰ってほしくなくて、あこを引き留めるところとか。

あこも、祓いを続ける直継の支えになりたいとか思っているし、
ちゃんと両想いな感じが可愛いですね。

石田三成も、完全に祓ったわけではないので、また出てくるでしょう。
次回も買っても良いかも♪
できれば、采女についても掘り下げてくれればよいかと・・・v
【編集】 |  14:09 |  ライトノベル  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

「レティーシュ・ナイツ~翡翠の王女~」 感想

2008.12.18 (Thu)
「レティーシュ・ナイツ~翡翠の王女~」 榎木洋子 イラスト:結賀さとる

やっと読み終わりましたー♪読み始めたら止まりまりませんでしたけどv

あらすじ。
グランドリュン王国に使える騎士の家、チェインバース家の末娘のレティーシュ。
優しい兄に囲まれ、王女エレンの付き人・よき友人として、平和に暮らしていた。

しかし、突然敵国に侵攻されてしまった。首謀者は、ずっと前に王国を追放された女性、
レディ・アンジェラだった。エレン王女をなんとか守らなければ、
と思うレティだが・・・。エレンから語られたことは彼女には予想もできないことだった・・・

あなたが、本当の王女です。

エレン王女の正体は、病死したと聞かされていた、三男のファイラスだった。
魔女の魔法で、エレン王女の姿になっていたのだ。


すんごーく王道なファンタジー!!でもこういうの好きです。
話の展開が早くて、まだまだキャラの内心とかには迫ってないです。
話を進めるのが、最優先って感じです。
ついでに、まったく恋愛の気配がありません。せっかく、兄たちとは血は
つながっていないということで、ラブの可能性が出てきたというのに・・・
1巻では、そういうキュンとするシーンは、ほぼないです。
・・・エドヴィーが、レティが手に持ってたいちごを、そのまま食べたところくらいなもので;

兄4人+エドヴィー。あとは、ロシュ王子はどうだろ?
いちおう6人も候補がいるのに、誰と恋愛になるのか、まったく分かりません。
これから、もっと展開して、恋も進めばいいかなーと思います。
あっという間に完結しそうな、早さで展開してますが。

ちなみに、候補6人というのは・・・

●ダグラス
長男。実直でまじめな感じ。素敵な兄様といった感じ。頼れる長男。
優しく、穏やか。当然、剣の腕もたつ。すんごく素敵v声は遊佐さん。
レティの頭を優しくなでてくれるのが、とても良い!

●アルフリート
二男。金髪の長髪に紫の瞳。華やかな容貌。女性にもてる。女たらし?
でも、本編では全く女性を口説くとかそんなシーンはなくて・・・
だいたい、レティーシュの心配してる。無事を知るまで、独り言をいいながら、
落ち着かずに、部屋の中をウロウロしちゃうくらい(笑)声は神谷さん。

●ジェスト
四男。まぁ、元気な男の子な感じで。なんだろ・・・よくあるタイプのキャラ
なんだけど、なんと説明してよいか分からず。ちょっといじわるも言いそうな。レティとは
悪友っぽいような・・・。でも、ロシュ王子と踊るレティをみて、不快に思っていたようなので、
良い感じ(笑)声は小野さん。・・・ですけど、キャラ的には吉野さんでも合いそうな感じ。

●ファイラス
三男。ジェストの双子の兄。ちょっと、不敵な笑みが合いそうな男の子。
ジェストよりは、中性的な容姿。兄弟の中では、アルフリートに似てる。
なんだか頭がよさそうな感じします。全然似てないですけど、私は、しゅごキャラ!
の なぎひこっぽいイメージで見てました。声は小林沙苗さん。エレン王女の
可愛らしい女の子声と、ファイラスの男の子の声が聞けるので、一石二鳥♪(笑)

●エドヴィー
侵攻してきた国が、擁立しようとしてる王子様。王家の血は継いでいて、エレンとは、
はとこ。本人は、国王とかになりたいわけじゃないけど、野心家の母親が怖くて
逆らえない感じ。止めたいのかもしれないけど。たしかに母親のレディ・アンジェラは怖い。
彼自身の性格は、そんなに悪くないです。ちょっといたずら好きな感じがしますけど。

●ロシュ王子
友好国の王子様。エレン王女の婚約者。とても紳士的で素敵なお方。良い人!!
エレンのことも婚約者として大切にしている様子。でも、正体はファイラスだし;
レティのことも気に入ってくれてる様子なので、事情が明かされても、友好国である限り、
結婚の可能性は、無きにしも非ず。
逃げてきた、レティ一行をかくまってくれています。

レティを取り巻く素敵な男性は、こんな感じですが、
まったく恋愛の気配がないため、最終的な相手は、不明です;(汗)
【編集】 |  01:00 |  ライトノベル  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

「レティーシュ・ナイツ」(榎木洋子 結賀さとる) 買ってみましたv

2008.12.14 (Sun)
レティーシュ・ナイツ を買ってみましたv
前から気になっていたんですけどね!だって結賀さとるさんのイラストなんだもん。

でも、買う気になったのは、1巻ではなくて2巻。
2巻はドラマCD付きらしいのですが、そのキャストが結構良かったので♪

レティーシュ・・・平野綾
ダグラス・・・遊佐浩二
アルフリート・・・神谷浩史
ジェスト・・・小野大輔
エレン王女・・・小林沙苗
魔女ノーラ・・・沢海陽子


ということで!しかも、CDがついても、値段が890円ってことで!
ま、まず1巻を買うことにしました♪
・・・もともと買うか迷っていたところを、ドラマCDが背中を押してくれた感じです(笑)
買ったばかりなので、まだ読んでませんが、早く読みたいなー。
【編集】 |  20:33 |  ライトノベル  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

彩雲国物語 黒蝶は檻にとらわれる 感想(ネタばれ注意)

2008.12.05 (Fri)
待ってましたv 彩雲!!続きが読みたくてしかたがなかったので、嬉しい♪

鳳麟・・・なんとなく予想はできましたけどね;
あとは、劉輝にたいして、過保護な双花&兄が大好きです♪(爆)
「彩雲国物語 黒蝶は檻にとらわれる」感想☆

あらすじ
吏部尚書・紅黎深解任の報で朝廷が騒然とする中、吏部侍郎・李絳攸の処分を検討するため、御吏大獄が開かれることに!絳攸を護ろうと必死な秀麗だけど、紅家の名に泥を塗られたと怒る紅姓官吏が、なんと一斉に出仕を拒否!!しかも、紅家の力で経済封鎖が行われ、王都の物価も高騰寸前!!大変な事態に、犬猿の仲の同僚・陸清雅と対応に追われること秀麗は!?


結構なネタバレだと思うので、それを嫌う方は、注意してくださいね。
【編集】 |  01:53 |  ライトノベル  | トラックバック(0) | コメント(1) | Top↑

彩雲国物語 黎明に琥珀はきらめく

2008.05.04 (Sun)
彩雲国物語 黎明に琥珀はきらめく

絳攸が、すごく頑張った話☆しかも、あとがき後の短編では涙が出そうなくらい感動ですv
では、彩雲 新刊 感想です。ネタバレ注意してください。

あらすじ。
藍州から帰ってきた、劉輝たち。その間に、絳攸が御史台によって捕らえられていた。
その理由は、絳攸が吏部侍郎に適した人物ではないから。それを審議する裁判まで
捕らえておくというもの。当然、劉輝は面会に行く。しかし、その時、劉輝を介して、
絳攸に、縹瑠花の暗示が掛かってしまった。深い眠りに落ちてしまう絳攸。
羽羽とリオウが、そんな絳攸を目覚めさせようと奮闘する。
その間、着々と裁判の準備が進んでいた。このままでは、絳攸は罷免されてしまう。
絳攸をなんとか助けたい、秀麗。彼女は、彼の弁護役を買って出る。
清雅が検事役として、絳攸を罷免しようとし、秀麗が弁護役として、絳攸を助けようとする。
はたして、絳攸は目覚めるのか。絳攸は罷免されてしまうのか・・・。


ブログ拍手ありがとうございます♪励みになります。
【編集】 |  00:51 |  ライトノベル  | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑
PREV  | HOME |