スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

「BROTHERS CONFLICT」2巻 感想

2011.04.23 (Sat)
「BROTHERS CONFLICT」2巻
買ってきました!
スポンサーサイト
【編集】 |  22:34 |  ライトノベル  | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

「戦国恋姫伝 封印の宝刀」感想

2011.03.12 (Sat)
「戦国恋姫伝 封印の宝刀」菅沼理恵 絵:石川沙絵 感想

新登場のキャラが個人的に好みのキャラでしたw

個人の主観ですが、1巻よりも面白くなった気がします。
(1巻をちゃんと読んで内容把握してるから、
2巻の面白さが分かる?ってことなんですけど)
【編集】 |  04:58 |  ライトノベル  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

「陰陽カフェへようこそ」片瀬由良 感想

2011.02.01 (Tue)
イラストが、ねぎしきょうこ さんだということで、
全く内容を確認しないまま買ってしまいました♪

物語が、三人称でもなく、ヒロイン視点でもなく、
男の子視点で進んでいきます♪

少女小説?は、ヒロイン視点や主人公視点のものは読んだことがありますけど、
いわば相手役(?)視点からのものは、個人的には読んだことがなかったので、
なかなか新鮮でした。
本来、読者が感情移入するであろう(?)ヒロインの頑張りが、
客観的に見られるのが良いです。


●ストーリー
神社に併設された人間と物の怪のトラブルシューター「陰陽カフェ」。
店員はイケメンの式鬼神(しきがみ)で、主は式鬼神遣いの紡葉(つぐは)。
ある日、ひょんなことから紡葉は妖狼を助ける。狼は狛朧という名の式鬼神となるが
紡葉に従う気がなく、それどころか紡葉を食べようとして夜這いまでして・・・!?
ワイルド系男子となった狛朧とカッコ可愛い紡葉&個性的な式鬼神たち大活躍の
胸キュンのジャパネスク・ラブファンタジー!
【編集】 |  22:07 |  ライトノベル  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

「戦国恋姫伝 偽りの婚約」菅沼理恵 石川沙絵 感想

2010.11.05 (Fri)
「戦国恋姫伝 偽り婚約」菅沼理恵 石川沙絵

すみません。実は、購入の動機に、那岐と藤姫
というヒーロー&ヒロインの名前に、某和風ファンタジー乙女ゲー(笑)
の影響が、強くあったりなかったりします☆←

ネタバレ?感想です。
【編集】 |  02:49 |  ライトノベル  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

アネットと秘密の指輪

2010.07.08 (Thu)
「アネットと秘密の指輪」シリーズを読みました♪
貸りて「お嬢様とはじまりの涙」まで読みました。
なので、リチャードが、やっと自覚したところまでしか知らないんですけどね。

ユージンってホントに良い人ね。
なんか、「お坊ちゃんのお人よし」っていうので、
なんとなく彩雲国の楸瑛を思い出してしまいました(笑)

でもリチャードの方が好き♪
ここまで来てやっと自覚って!どこまで鈍感!?
ま、こういう真面目ドンデレが好きなんですけど☆
ルドルフ王子も結構好きです。俺様系?な感じが。

これからシリーズ買おうかと思ったんですけど、
どうやらクライマックスに向かってるみたいなので、
今から集めるのもあれかな;

ついでにビーンズ文庫話。
「佐和山物語」も一足早く完結してしまって、
大団円でハッピーなような。もう続かないという点では、悲しいような。
でも短編集が楽しみです♪(後に感想まとめます)

そして、「アリアではじまる聖譚曲」「シュガーアップル・フェアリーテール」
も、買うだけ買ってまだ読んでなかったり。

「身代わり伯爵」も買った分が溜まっていて、新刊も買ってなくて。
・・・というか、身代わり伯爵アニメ化してほしい!(ぇ)

うーん。とことん自分が、ビーンズ文庫しか読んでないなって
改めて思いました。(おそらく9割ビーンズです)
【編集】 |  23:44 |  ライトノベル  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

佐和山物語 結びの水と誓いの儀式 感想

2009.10.12 (Mon)
「佐和山物語 結びの水と誓いの儀式」
著者:九月文  イラスト:久織ちまき

戦国明けてすぐ。お嫁入りの途中、時を遡ってしまったあこは、許婚の井伊直継と、元の時間に戻る手段を探し中。一方佐和山には、次期将軍・徳川秀忠の訪れが。その機を狙い、怨霊と化した石田三成の罠が発動して!?

前巻の感想も中途半端なんですけどね;
【編集】 |  00:47 |  ライトノベル  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

レティーシュナイツ 3巻 感想

2009.10.05 (Mon)
レティーシュ・ナイツ ~孔雀石の夜明け~
榎木洋子 イラスト/結賀さとる

正統王位後継者は誰……!? 王位にまつわる『誓約書』を探し出せ!
グランドリュン王国の王位継承権に関する『誓約書』を求めて、レティの祖母マグレイアの幽閉されている城へ急ぐ一行。追跡の手を逃れつつも辿り着いた古城で、敵のはずのエドウィーはある決意をレティに告げる。一方、ゼレオン将軍に捕らえられたアルフリートはアンジェラの狂気に触れ、レスター王子とゼレオン将軍に関する秘密を耳にすることになり……。王女と騎士のドラマチック・ファンタジー第三弾!


待ってました♪でも4巻で完結なので、もうすぐ終わるのかと思うと、
ちょっとさびしい・・・。
【編集】 |  22:55 |  ライトノベル  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。