FC2ブログ

機動戦士ガンダムOO #25「刹那」

2008.03.30 (Sun)
「俺たちが、ガンダムだ!!」

ついに最終話ですね。・・・やはりリボンズでしたか;分かっていましたが。
いろいろと気になるところも多い終わり方でした。

機動戦士ガンダムOO 第25話「刹那」 感想です。
流れ通りに書いているので、刹那にいったり、アレルヤにいったりしていますが・・・

●中佐とソーマ VS アレルヤとハレルヤ。
もうすでに、キュリオスの足と手がなくなっているので、やばい状況に・・・。
アレルヤとハレルヤのやり取り。
「僕も生きる・・・僕はまだ世界の答えを聞いていない。この戦いの意味すら!それを知るまで、僕は死ねない!!」アレルヤ
「ようやく やる気になりやがったか・・・なら、あの女に見せつけてやろうぜ!本物の超兵ってヤツをなっ!!」ハレルヤ

メットをはずして、前髪をオールバックに・・・。2人同時開放?みたいな感じです。初めて両目同時に?見た気がします。そんなこともできたのですね。ここからが、本領発揮です☆

●刹那とラッセ VS アレハンドロ
「フィールド展開!」ラッセ
狙い撃つ!!!」刹那

狙い撃つって、刹那が言いましたよ・・・!!
コーナーのファングとの戦闘が続く。
「刹那・・・存在を・・・」ラッセ
ラッセぇえ!!!!

●中佐&ソーマ VS アレ&ハレ
「なぜだ・・・私は、完璧な超兵のはずだ!!」ソーマ
「分かってねえな、女。お前は、完璧な超兵なんかじゃねえ!!」ハレルヤ

・・・なるほど。ソーマは、のうりょうしは(脳量子波?)で、反射能力を高めているが、思考は追いついておらず、結局は本能で動くしかない。  一方、アレ&ハレは、アレルヤ(思考?)とハレルヤ(本能?)の2つの人格があることで、思考と本能とが融合し、完璧な超兵になりえるということですね・・・。つまり、2人が力を合わせるから、完璧な超兵になれる☆オールバックなアレ&ハレは強い!

ピンチを中佐にかばわれ、その隙に、キュリオスへ攻撃するソーマ。  ハレルヤ側の眼を負傷・・・。ソーマは、中佐のもとへ。
「できません!!中佐がいなくなったら、私は独りになってしまう・・・」ソーマ
「少尉・・・」中佐

この2人好きです。ソーマ可愛らしいです。2期にも出てほしいです。

ソーマの顔を見たアレルヤ
マリー・・・!?どうして君が・・・」アレルヤ
まさか、知りあい??ハレルヤが伏せておきたいくらいの・・・知ったらアレルヤが、戦えなくなってしまうくらいの相手・・・兄妹?友達?気になります。でも、ソーマは、おそらく何も覚えていないでしょう。番号を知っているということは、その時の、顔写真も見ているでしょうから。

●刹那 VS コーナー
コーナーに一発くらう刹那。その程度で刹那がやられるわけがないです!
「見つけた、世界のゆがみを・・・。お前がその元凶だ!!」刹那
GNフィールドに対抗する切り札。それが刹那の剣。
「俺が・・・俺たちが、ガンダムだ!!!」刹那
カッコイイですvしかも、”たち”ってついています(笑)

「そういう、モノ言いだから、器量が小さいのさっ」リボンズ
コーナーの最期に本性見せた、リボンズ。彼がラスボスですねー、きっと。

●やっと、戦闘が終わりかと、思いきや・・・
「会いたかった・・・会いたかったぞ、ガンダム!!!」グラハム
来ましたよ、GNフラッグが!!!  ここで、初めて互いの顔が分かるわけですが。
「なんと!あの時の少年か。やはり私と君は、運命の赤い糸で結ばれていたようだな。そうだ、戦う運命にあった!!!」グラハム
運命=戦い。また面白発言から始まるグラハムさん。らしくて嬉しいです(笑)
「ようやく理解した。君の圧倒的な性能に、私は心奪われた。この気持ち・・・まさしく、愛だ!!」グラハム
「愛っ!!?」刹那

さすがの刹那も、愛という言葉には、ドン引いてっ・・・驚いてます。愛も行き過ぎると憎しみになる。  行き過ぎる信仰が、内紛を誘発する。信仰が強いと、他の物を認めない。お互い認めないから争いになる、ということでしょうか。

エクシアとGNフラッグのソードが、互いを貫く・・・(クロスカウンターみたいな?)
「ハワード、ダリル。仇は・・・」グラハム
グラハぁムっ!!!!

●そしてティエリア。ナドレも破壊され動けずにいます。
「っ・・・ここで終わりではない。まだ計画は、継続している。せめて太陽炉を・・・。これで、やっといける。あなたのもとへ・・・ロックオン」ティエリア
ティエリアまで、死ぬ気ですか(涙)そんなことのために君を守ったんじゃないよっロックオンは!
・・・救われた命なら!フェルトのように、生きるって強く思ってほしいです。

●それからアレルヤとハレルヤ。
「あぁ、そんな。ソーマ・ピーリスが、マリーだったなんて・・・知っていたのか?ハレルヤ」アレルヤ
知ったら、お前は もう戦えねえ。死ぬだけだ。まあいいさ・・・どっち道同じだ。はは・・・先にいってるぜ・・・」ハレルヤ
「っハレルヤ・・・?まさか、そんな・・・ハレルヤ・・・」アレルヤ

ハレルヤの人格が死んだ、んですよね;あぁ、ハレルヤ(涙)
最後のアレルヤの”ハレルヤ”って呟きが、すごーく切ないです。

●最後は、刹那。エクシアで宇宙を漂っています。
マリナへの手紙を残しています。戦う意味を教えてくれた、彼女へ。
世界の歪みは、なぜ起こるのか?それでも人はなぜ生きようとするのか?
違う道で、同じものを求めていたマリナなら答えてくれるのではないか、と。

泣きながら、手紙を読むマリナ・・・。切なくて、やるせない感じがします。

●4年後の描写に入ります。
沙慈。ルイスとの約束を守って宇宙で働けるようになっています!
「もうひとつの夢をかなえさせてほしい。待ってるよ、ルイス。宇宙で待ってるからっ」沙慈
憎しみから、破滅の道(?)へ行ってしまうのではないかと思っていたのですが、良かったです。

そして、GN粒子の光が・・・ガンダムは、まだ確実に存在している、と。

いちおう世界は1つにまとまっているようです。
マネキン大佐の後ろにはコーラサワーらしき人物が!!よかった、生きてた。

ネーナは、留美のもとにいるようですね。付き人?な感じですね。
声だけの判断なので、確実とは言えませんが。

「始まるよ、イノベーター。人類の未来が・・・」リボンズ
また、意味深なことを・・・後ろにも数人の部下?が並んでいますし。気になります。

グラハムとサーシェスも映り。良かった!!グラハム生きてる??良かったです♪

ビックリするのが、ルイスとティエリア。なぜ2人が一緒に?
ルイスは、2年前から、沙慈と連絡を取っていないということで・・・
その2年間の間に、いろいろあったということでしょうか?

え、ティエリアってば、ロックオンの髪型をしている!!?
ティエリア本人だったら、嬉しいのですが。それだけ、ロックオンの存在が、
ティエリアという“人間”に大きな影響を与えたということになるので・・・。
人間らしくなれたのも、仲間の絆とか一番教えてくれたのも、ロックオンだと思うので☆
でも・・・そもそも この人は、ティエリア本人ではないような気もします。
EDのキャストに、朴さんのお名前がありました。朴さん好きなので、声は分かるつもり
なんですけど・・・それらしき人物はいなかった。でも、最後にルイスに向かって
鼻で笑ったときの 「っふ・・・・」という声(息?)。
これがあまり神谷さんぽくないというか・・・どちらかといえば朴さんぽいなーと、
思えてきました。さすがに「っふ・・・」だけでは判断できませんが;
・・・リジェネって誰ですか?

そして、ネーナは顕在。OOガンダムの開発をしていますね。そのマイスターは・・・・?

「世界を変える機体・・・OOガンダム」留美

Mission Incomplete
まだミッションは不完全、終わってないぜ!って感じです。

「俺たちが、ガンダムだ!」が最高に良かったです。
戦闘シーンが良かったです。対コーナーよりも、対グラハム・対ソーマが良いです。
あとは・・・その後が映されなかったキャラが結構いるので気になります。
あえて、マイスターたちに直接関わるような描写はないですね。
ないとは思いますが、もし!2期で今のマイスターたちが、完全に“過去の存在”と
なっていたとしたら、すごーく嫌ですね。私にとって、やはりマイスターはこの4人なので!
(増える分には、話が面白ければ構いませんが・・・)

ともかく2期に期待です☆
関連記事
スポンサーサイト



【編集】 |  00:13 |  機動戦士ガンダムOO  | トラックバック(3) | コメント(4) | Top↑
 | HOME |