FC2ブログ

Aventura  って良いですよー♪

2008.07.15 (Tue)
あ、あ、アヴェンテューラが読みたい―!!!!

Aventura・・・翠川さんの絵、素敵すぎる☆
お話もファンタジーだし。ルーウィン可愛いしv謎(伏線?)も多いし。

何と言っても、キャラが!!クォルファ先生が、私のキャラの好みストライクなんです!!
良いわーv カッコ良いよー。
どことなく、翠川さんがイラスト描いていた、Missingの空目に通じるところがあります。
もちろん、Missingでも空目が大好きでしたv

しかも、アーシェス先生と、仲よさげなのが、良いですv
アーシェスだけが、クォルファのことを「リーヴ」って呼ぶし・・・♪
親友萌えっていうんですかね? こういうの大好きv(笑)

個人的に、もし!ドラマCDとかになったら、
クォルファ→緑川さん
アーシェス→千葉進歩さん
とか合いそうだなーと感じています(笑)
そういえば、Missingでも空目役は緑川さんでしたし・・・

なんだか、Missing も読みたくなってきました。途中までしか読んでいないので;
関連記事
スポンサーサイト



【編集】 |  22:30 |  マンガ  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

コードギアス反逆のルルーシュR2 第14話「ギアス狩り」

2008.07.15 (Tue)
ロロが、ボロ雑巾になるか、ならないかの瀬戸際だった!?
コードギアス反逆のルルーシュR2 TURN14「ギアス狩り」感想です。

●CCとマリアンヌ
C.C.と、マリアンヌが一緒にいます。友達って感じがしますが・・・。
それを見つめるV.V.とシャルル。シャルルが皇帝になって知ったことは、
人間は嘘つきであるということ・・・

●ルルとロロ
シャーリーの死を間の目あたりにしたルルーシュ。ロロが歩み寄ります。
ロロのシャーリー殺害を褒めるルルーシュ。先週の慟哭の叫びが嘘のようです。
感情を押し殺し、ロロに兄として接します。さすが、ルルーシュだ。
悲しいはずなのに。

ルルーシュの憎しみの対象は、ギアスそのものでした。
これは、すべてギアスが生み出した悲劇であると・・・利用するはずであった
ギアス嚮団の殲滅を決めます。

シャーリーの葬式。母親が泣き崩れます。夫と娘を亡くしたフェネット夫人(?)
も、ギアスに翻弄された被害者ということになるでしょう。
シャーリーの死に、みんなが涙します。
ニーナも、自分の涙に驚いている様子。「泣けるうちは泣きなさい」というカノン。
抱きしめるように慰める姿が、ちょっと素敵だなーと、思っちゃいました。
(おネエだからこそ許される・・・?)

●ナナリーとカレン、スザク
ナナリーは、カレンと話しています。どんなお兄さんだったのか、と・・・
そういえば、ナオトのことも、あまり出てきませんね。どういう人だったのでしょうか?

そこへ、スザクがやってきます。
シャーリーの死に驚くカレン。自殺するわけがない・・・だから犯人はルルーシュだと、
決めつけるスザク。スザクは、何かあればルルーシュを悪者にしたいように思えます。
まあ、状況が状況ですけどね。シャーリーの「スザク君は許せないだけ、許したくないの」
という言葉を聞いて、何かを感じてくれていたら良かったのですが・・・

もう手段を選ばない・・・スザクの手には、リフレインが。
それをカレンに使って、心を操ろうとするのでしょうか?
OPで、ランスロットと紅蓮が仲良さそう(?)だったので、
まさかカレンが、ブリタニア側に・・・なんて不安がありますが;

それにしても、リフレインを使うことは、スザクが、憎むゼロと・・・ギアスと同じこと
をしようとしていることになります。「心を操るなんて、卑劣な!」とか
「間違った方法で得た結果に意味はない」とか考えていたでしょうに・・・。
スザクのそういうところを、ルルーシュと対比していくのが、この物語の重要なポイントだったと
思っていたのですが・・・初めは!

●ルルーシュとVV
ジェレミアの回線を利用して、VVに接触するルルーシュ。VVの油断を利用し、
一気に、嚮団へ攻め込みます。子供だろうと関係なしに、ギアス関係者というだけで、
殺していきます。ロロも、いわば同胞のような子供たちをためらいなく殺していきます。

ギアスのことを知らない、騎士団のメンバーは、非戦闘員の虐殺を実行するゼロに疑念を
抱きます。当然ですね。今までブリタニア軍相手だからこそ戦ってきたわけですから。
この子たちだって、好きでギアスを手にいれたわけではないでしょうに・・・
(まあ、孤児を連れて来ている可能性が大きいでしょうけど)

逃げる時間を削られたVVは、自らジークフリードで戦闘へ。監視者が当事者になりました。
ルルーシュは、ロロに、ジークフリードに取りつくように言います。
素直に従うロロ。ヴィンセントに爆弾がしかけられていることも知らず、VVに立ち向かいます。
ロロの命もろともギアスの源をつぶすこと・・・それがシャーリーへの償いであると。

VVは、言います。ロロは欠陥品であったと。ギアス使用中に心臓が止まる!?
いつ死んでもおかしくない・・・
それって、かなーりリスクのあるギアスだったんですね。今まで、時間制限が
あるだけだと思ってました。心臓が止まるのならば、長時間使用できるわけがありません。

ルルーシュが、ヴィンセント内の爆弾の起爆スイッチを押そうとしたとき・・・
コーネリアの攻撃が、ジークフリードに当たります。
ユフィの汚名を雪ぐため・・・。シャーリーへの償いのため・・・。
2人の攻撃がVVを直撃します。

VVが、兄弟という関係が最も美しい と言っていましたが、
コーネリアも、まさしくそうですね。すべてを捨てて、ギアスだけを
追いかけてきました・・・。

かろうじて逃げ延びたVVが、向かった先に・・・扉が開きます。
扉の向こうからシャルルが・・・「また、ウソをつきましたね」
また?この“また”も、大きな事件だったりしそうですね。

そこへ蜃気楼が。気づくと、扉の向こう。ナイトメアから降りているルルーシュ。
ついに、皇帝との直接対決か・・・

次回「Cの世界」

ロロ死ななかったー!!?はぁ・・・よかった(笑)
もう、先週のことがあったので、すぐ殺されるかと思ってました。
ロロは、キャラ的に結構好きなので、死んでほしくないのです。
でも、いずれは死ぬでしょうね・・・死にそうな空気出てますから;(涙)
関連記事
【編集】 |  00:35 |  コードギアス 反逆のルルーシュ / R2  | トラックバック(9) | コメント(0) | Top↑
 | HOME |