FC2ブログ

鉄のラインバレル 第6話「明るい夜」

2008.11.11 (Tue)
JUDAの森の妖精さん・・・(笑)

鉄のラインバレル 第6話「明るい夜」感想です。

JUDAに新しくやってきた浩一。みんなの歓迎を受ける。
やっぱり、社長は楽しい人だ。神出鬼没でナイスな感じです。

自室のカードキーをもらって、部屋へ向かうが・・・そこには絵美が。
お約束の、裸でバッタリ☆(爆)
絵美のぼこぼこにされ、医務室へ運ばれる浩一・・・痛々しい(苦笑)

浩一と絵美の歓迎会が行われることに。そこでみんな一発芸を披露しなければならない。
その準備で、買い物に付き合わされるが、いい感じに荷物持ちにされてしまいます。
なんだか、いじられるキャラになってますよね;浩一・・・。

そして、社長の発明の実験に付き合わされることに・・・。
パラシュートのついていない車いすで、空へ飛び立つ・・・。
医務室へ・・・(涙)

学校へいくと、絵美が転校してきてしまう。美少女と知り合いであることに話題に;
それは、監視であると。

歩いていると、ドレス姿でシズナが走ってくると・・・
「僕に・・・」
イズナでした(爆) さすが双子。
無理やりイズナのドレスを脱がそうとしたシズナに、
「女の子なんだから・・・そんなことしちゃだめだ」
「もっと女の子らしくしな」

と、ピンを、シズナの髪につけてあげました。何、このプレイボーイな感じ?(笑)
真っ赤になるシズナ。ちょっと惚れたかも?

そんなところに怪しげな木が。社長・・・じゃなくて森の妖精クータンでした♪
そこで渡されたのは、絵美の盗撮映像。興奮してみていると、
大事なところは、すべてクータンの顔で隠されていました。
でも、その映像を見ていることを、絵美が知ると、浩一をボコボコに・・・
そんな映像を、浩一に渡したことがばれた、クータンはボコボコに・・・
2人で医務室へ・・・(涙)

楽しく歓迎会が進んでいきますが、そのころ森次さんはというと。
「・・・なんでやねん」
それ、ツッコミの練習だったのー!!!?(爆)そんなのでツッコまれたら、死んでしまう。

歓迎会も終わり。矢島が死んだ場所を訪れる。そこには理沙子も。
ずっと、矢島が正しくて・・・。答えたい。
「矢島なら言うと思うよ・・・いまさらじゃない。今からでいいって・・・」理沙子
「っ!・・・・・・・ありがとう」浩一

きっと彼なら、笑ってそう言ってくれるでしょうね;ちょっと泣けるー!!

次回 第7話「サイアクな放課後」


今回は、ギャグでしたね。何度も医務へ運ばれる浩一に笑いました。
そして、真顔で、「なんでやねん」の練習をしていた森次さんにも笑った。

最後にちょっと、切ないところもあって・・・良かったです。
関連記事
スポンサーサイト



【編集】 |  22:07 |  アニメ感想  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
 | HOME |