FC2ブログ

ギアス ドラマCD限定配信 STAGE 11.351 「拘束衣の女」

2007.06.20 (Wed)
聞いてきましたよ♪今日も課題とかやらなきゃいけないことがあるのに、
ついギアスを優先してしまいます・・・いけない子だっ(子って;)

●STAGE 11.351 「拘束衣の女」
ルルシー好きにはたまらないですね♪
えっ?スザユフィ好きじゃなかったのかって!?
ええ、そうですよ。私は、スザユフィ、ルルシー、ゼロカレが大好きなんですvv
ということで本編感想~♪(セリフは記憶なので多少違うかもしれません)

「その服、直すのか?」ルルーシュ
拘束衣を、CC様自ら繕っている様子。しかも上手いらしい・・・想像できないですね!

「ブリタニアの拘束衣だぞ?」ルル
「違うぞ、そこは良い奥さんになるなーだろ?」CC

いいなー。こういうの・・・CCだけですよね?
これだけルルーシュをからかうことができるのは♪

「私にも遠慮がある・・・ピザの上 服まで・・・」CC
なら、まずピザを遠慮しようよ!!!?
ピザを遠慮しろ」ルル
その通りですよ!ルル様の言うとおりです。

「誰かが突然この部屋に入ってきてみろ?俺がお前を監禁拘束しているようにか見えないだろう?」ルルーシュ
うん、変態にしか見えないですねっ☆(笑)
しかもスザクとかは、すでに突然入ってきてますからね・・・用心です。
ま、仮にルルが変態だと誤解されたとしても、スザクなら
「・・・人の趣味はそれぞれだから・・・でも良くないよ」って優しく諭してくれるでしょうねっ。

「普通の女なら、女をかこっていたということで丸く収まると?」CC
「丸くかどうかはともかく、言い逃れには自信がある」ルルーシュ

それもどうなんでしょうね~?

「どうかな?お前は意外と・・・」CC
意外と・・・なんでしょう?アドリブに弱いとか??(スザクが言ってたことですけど)

「お兄様」ナナリー
さっそく、突然誰かが入ってきました☆

「久しぶりだな、ナナリー」CC
ルルーシュの思惑は全て無視。わざと困らせようとしてません?(笑)

「今は、お取り込み中だ☆」CC
「なぜ“お”をつける?取り込み中でいいだろう?・・・“お”に悪意を感じる」ルルーシュ

CCの勝手に、ちょっと声を低くして怒るルルーシュが可愛いです(笑)

「いま、手が離せないんだ」ルルーシュ
「いえ、いいんです。お邪魔してしまってすみません;」ナナリー
えっ?」ルルーシュ
「部屋に戻ってますね・・・」ナナリー
「待て!ナナリー、誤解・・・っ!!」ルルーシュ

はい、誤解しました☆ナナリー的には大好きなお兄様にも、そういう人が・・・
ってちょっと切ない思いなんだろうな~(笑)
ルルーシュの、えっ?の言い方が良いですね♪焦ってますよ。

「誤解したな」CC
「誤解させたんだろう?」ルルーシュ

私は、最終的には、誤解じゃなくて本当になって欲しいなーとも思いますが。
あっでも私が応援するCPは、報われないんですよね;スザユフィとかアスカガとか・・・

「似つかわしいんだよ。私には自由がない。囚われている。繋がれている。束縛されている。私にはこの拘束衣が似つかわしい。私は世界に囚われているからな」CC
重いですね、なんだか。CCの過去に何があったんだろうか;気になります。

「待ってろ。俺が新しい服を見立ててやる」ルルーシュ
「・・・同情か?」CC
「気に入らない。自由が無いなら勝ち取ればいい。不自由があるなら壊せばいい。現在を認めてしまったら、全て終わりだ!」ルルーシュ

カッコいいっ、ルルーシュ!ルルーシュらしいです。

「そうか、お前も囚われていたな。アッシュフォードに・・・昔は枢木に・・・」CC
「俺は、心まで囚われたつもりはない」ルルーシュ

確かに、ドラマCD聞いていても、決して枢木の人には屈しませんものね;

お前は弱いくせに、時にとても強いな  CC
ルルーシュの弱い部分をCCは知ってますからね。
なんかこの言葉、もうルルーシュに惚れてますよね??(お前の希望だろ;)

「サイズはこれでいいな?」ルルーシュ
一瞬、ルルーシュがCCの3サイズまで把握してるのかと思っちゃいました;

「うん、悪くない・・・買わせてやろうと言っているんだ。自分が選んだ服を女性に着せるのは男の喜びの1つだろう?」CC
「お前は、偉そうだな」ルルーシュ
「前にも言ったろ?私はCCだからな」CC

なんか、CCが改めて好きになりましたねvv

他のドラマも楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト



【編集】 |  00:16 |  コードギアス 反逆のルルーシュ / R2  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME |