スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

月刊LaLa 2011年4月号 感想

2011.02.24 (Thu)
月刊ララ 2011年4月号 感想

表紙は「夏目」

重大発表は、アニメ第3期!
「夏目友人帳 参(さん)」
2011年 放送決定

「蛍火の杜へ」
アニメ映画化決定!

「あかく咲く声」は、読みましたが、「蛍火」は読んでいないので、
読んでみたいと思います♪

では、感想です。(ネタバレあり)

【More・・・】



【狼陛下の花嫁】可歌まと
「春の宴」を開催することになり、その主催する人間を誰にするかという話。
どちらを選ぶか、政治的な判断をしなければならない黎翔。
候補1.柳大臣
候補2.氾大臣
いつのまにか、二派の勢力争いになっていた・・・
その勢力争いに、夕鈴も巻き込まれそうになっていく。

浩大に「オーカミ陛下は拒否られてる」とか、
「早く借金返して帰りたいんじゃないの?」と冗談っぽく言われて
若干凹む黎翔。それを面白がる洪大(笑)

凹んだからか、夕鈴の元を訪れる黎翔。
夕鈴は、柳大臣と氾大臣のことを話題に出してみる。
「…その話はいい 君が関わる必要のないことだ」と線引きをする黎翔に。

「何も知らず何も考えず だた後宮にいればいいですか? そうしたら私、あなたのこと何にもわからないままじゃないですか 私だって、もっと あなたを」夕鈴
『狼陛下』を恐れている君が…私を知りたい?覚悟もないのにケンカを売るな」黎翔

ただのバイトだから、踏み込んではいけない線がある。
ということもあるのでしょうけどね・・・
たぶん、政治の世界に夕鈴を巻き込みたくない的な所も・・・あってほしい!←

黎翔も、きっと“なんだよ怖がってるくせに、そんなこと言うなよ”的な
感じで、黎翔も夕鈴の鼻に噛みついちゃったんでしょうね(笑)
ていうか、噛みつくって何よwキスしたのかと思ったんですけど、噛みつくって;

でもその暴挙?に怒って、夕鈴は家出(笑)です;

やっぱり面白いなー。コミック買おうかな~と思ってます。
なんか「暁のヨナ」とか「帝の至宝」とか「赤髪の白雪姫」とか、
そういう“国家”を舞台した?漫画が、わりと好きなんですよね~w


【夏目友人帳】緑川ゆき
瓶詰めされた夏目(笑)を救出するべく、妖の集会場へ行く田沼。
ひとりの妖に「人が来るところではない」と忠告される。

田沼とニャンコ先生が合流し、妖の集会場へ潜入・・・。
夏目はわりといつもやってるけど、やっと初めて妖を目で見た田沼君が、
いきなり潜入までするとは、かなり頑張ってると思いました!

やっと夏目を瓶から出せたが、人間だと、ばれて大ピンチ!
・・・そんな所を助けてくれたのは、田沼に忠告してくれた妖。
かと思いきや、同じく妖になりすまし潜入していた名取であった!

出てきた時、“名取さーん!”と叫んでしまいました・・・(笑)

突然現れた謎の男に、「あんた何者だ!」と警戒する田沼君。
そういえば、初対面ですよね~♪


【会長はメイド様!】藤原ヒロ
恋人になった2人。
それを知った葵ちゃんが、やっぱりちょっと寂しそう顔するんで;切ないっ。

ジェラルド兄さんが、実は病弱だと分かり、
後継ぎが、次男の碓氷になるかもしれない・・・
ウォーカー家のいざこざ(?)に美咲を巻き込むことに?


その事実を抱えたまま学校へ。
「俺の彼女がくれたマフラー 皆に自慢できないの残念だなぁ」碓氷
の台詞に照れまくる美咲、可愛い!


【鎖の国の白衣宰相 ~遙かなる時空の中で5~】水野十子
タイトル的には、天海視点という感じになりそうですが。

異国の力に対抗するために、四神の力を集めよ、と幕府に告げる天海。
何やら、語り口からは、260年前の関ヶ原の戦いの裏でも、
四神を使っていたらしいです。じゃあ、関ヶ原の合戦時にも、
龍神の神子がいたかもしれないですね☆(1・2年経って、6への伏線だったらビビる!←)

あとは、キャラが登場してくるんですけど。

●小松&アーネスト
アーネストと小松が!漫画読んでさらに、好感度上がりました!
英相手に、秘密裏に船を買いに来た小松。

「あの船は中古品ですから購入はよく考えてください。ふっかけられないように」サトウ
英語です。めっちゃ爽やかな笑顔で言ってくるアーネストですが、
何を言ってるか、小松が理解していないということを知っていて、
言ってます。爽やかに黒い☆(笑)
でも、何かを感じ取った小松は、船の購入は断念する。

「言葉も文化も違う遠い島国に、海を越えてやってくるというのはどういう心境なのか 聞いてみたかったのだけどね 残念だ 君が早く言葉を覚えてくれたら また会いたいものだ」小松
アーネストのヒアリングがまだ完璧ではないと分かった小松は、
日本語で、何かを言います。
(!? 何か 鼻で笑われたような気がする!)サトウ
個人的に、この2人は気が合うと思うんですよ。合理的で毒舌そうな所とか(笑)
プレイしてないので、なんとも言えないですけどね。
アーネストが、爽やか黒で良いですね☆小松も、水野さんの絵だとより美人にw

●高杉&久坂
玄武を使役し英公使館を放火する高杉と、それを見ている久坂。
本当は、久坂さんは、高杉たちが焼き討ちするのを止めに来たらしいのに;
あーあ この放火、高杉のせいだーみたいなノリ(違う)の久坂さん。
「この力で異国船を沈めてみたいとは思わんか?・・・冗談だ」高杉
「高杉っ」久坂

ここにも、自由人に振りまわされる苦労人が!!!?(笑)
久坂さんも、誠実そうなイケメンさんでしたw

●沖田&坂本
沖田に追いかけられる龍馬。
そこにいた桂に、かくまって?もらう。
「助かったぜぇぇぇ 桂ああああ」坂本
「ひっつくな・・・一体何をやったんだ坂本」桂

桂とは既に仲良し?な様子w
桂も、個人的には好みのキャラなんですけどね。特に水野さんの描くこの桂が!!

龍馬さん、元気いい感じで すごく良かったです。
龍馬さん、すでに「お嬢」のことを知っているらしい。
うーん、時空跳躍の中で、いろいろ設定あるんでしょうね☆

●マコト&桂&チナミ
マコトと桂の会談?にチナミが弟として同行。

マコト!!!おなご かと思うくらいの美人っぷりでした!
うん、マコトも好みだーw

●福地&天海
天海の命で、四神探しを進めるらしいです。

たぶん、次回LaLaDXから現代組が出てくるのでしょうかねw

本当に、全員キャラの好感度が上がったかも・・・
販促マンガですが、本当に販促されそうw


【金色のコルダ】呉由姫
最終回の1回前だそうで。
あえて、前回読んでないんですよね;
コミックスを楽しみにしていようかと思いまして♪

月森君と再会した香穂子だが、ちょっとした香穂子の失言?から
ぎくしゃくしてしまって・・・

な感じです!ここから最終回へ持ってくわけですが!?
・・・なんか最後の方になってきてから、展開が急ぎ足になってる気が;
うわー気になる!けど、来月もあえてコミックを待とうかとも←

あとは、コルダ漫画の歴史をまとめたページが♪
14話の紹介「黒柚木降臨!!」って(笑)
あと・・・火原先輩。25話でもう香穂ちゃんへの想いを自覚している!
誰よりも自覚は早いのにっ!!(笑)


【おいらんガール】響ワタル
どうかお嬢様 これ以上綺麗にならないで ・・・この鷹尾より」真
鷹尾よりも綺麗にならないで・・・と椿に言う真が可愛いです!
鷹尾よりも綺麗になって、人気が出てしまったら、自分ではない誰かに・・・。
ということでしょうね!そういう所が良かったです。



次号 3月24日発売
表紙「学園ベビーシッターズ」
巻頭カラー「夏目友人帳」
センターカラー「金色のコルダ」

全作品 感想を書きたい所ですが、力尽きました;


ブログ拍手ありがとうございます。何よりの励みです!
関連記事
スポンサーサイト
【編集】 |  20:15 |  マンガ  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。