スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

Pandora Hearts 15巻 感想

2011.07.28 (Thu)
「わるい リーオ」

え・・・;
間違いだと分かって、やっとレイムショック(?)から
立ち直ったというのに!今度は・・・間違いじゃないんですね;(号泣)
銀魂アニメの某詐欺みたいに、死んだ死んだ詐欺じゃないんですよね?
いやぁああぁ
コミック派だから、全てのビックリが全て同時に来ます;

パンドラハーツ 15巻 感想(ネタバレ)

【More・・・】



目を背けるな――

●ハンプティダンプティの契約者はエリオットだった。
瀕死のエリオットを死なせないために、リーオが契約させたんですね。

「お前はその少年を生かしただけであり 助けたわけではない」グレン
エリオットが生かしてほしいと言ったのではなくて、
リーオの意志だけで契約させたから、それはお前の業だと。

重いですね。チェインが、グレンを守ろうとする習性のせいで、
エリオットが瀕死になってしまったから・・・。
結構最近の巻まで、エリオットがグレンの魂を受け継いでいるのかと思ってました。

全ての首狩り事件が、エリオットが起こしたわけじゃないです。
エリオットが首狩りとして暴れたのは、兄姉たちがリーオを疎んじた時だけだった。
やはりリーオを守ろうとするチェインの本能が働くのでしょう。

●どっちもごめんだな
すでに針が進んで、ハンプティダンプティを倒せば
エリオットも死んでしまう状況まで来て。

オズがダンプティを倒すか、その前にヴィンスに殺されるか。
「どっちもごめんだな」エリオット

「ハンプティダンプティ 俺はお前の全てを否定する」エリオット

自ら消えることを選んだ。自己犠牲を嫌っていたエリオットの選択が!
・・・ぶわっ(涙)
どんな理由があっても、誰かに自分の命を背負わせたくないから。
最期まで誇り高い、本当に気高い子。最高にカッコいいわ。

●エリオットが死んだ
「主人が まだ一度も涙を見せていないのに 従者が泣けるわけないだろう」ギルバート

リーオが 横たわるエリオットにすがって慟哭する様子も、
ただただ その死を静かに見つめるオズも、
対照的な反応だけど、すごく切なかったです(涙)

オズが泣かないなら、ギルが代わりに泣いてあげてもいいんじゃないかな;
お兄ちゃんなんだよ・・・血繋がってなくてもさ。

●首狩りの女王
本当の首狩りは、ヴィンスの“死刑執行人”ディミオスだった。
一番最初に、ナイトレイの人間を殺し始めたのはヴィンス。
ギルを疎んじていた人間を狙った。
ギルが鴉の契約に挑むことを許せない人間が、いつギルを狙うとも分からないから。

相変わらずなヴィンスさん;

●ナイトレイ公
つまり、エリオットたちの父親です。

逃げ隠れていたナイトレイ公が、ヴィンスに一番に頼んだのは、
自分の身の保護だった。

長い間、鴉の契約者が現れなかったナイトレイ家にとって、
他の家に対抗し、汚名を晴らすにはチェインの研究をするしかなかった。
だから、フィオナの家で子供を使って実験をした。

リーオが、グレンの魂を受け継いでいることを知っていてフィオナの家に閉じ込めた。
それでいてリーオとエリオットが側にいることも容認していた。
心を開いたリーオを観察するために。

エリオットが違法契約者になったことを知っても、すぐにチェインを消さなかった。
まだ、その時ならば影響は少なかったのに。それはハンプティダンプティが
大いに利用価値のあるチェインだったから・・・

エリオットが命を落としたのも、ナイトレイの名誉を取り戻すためだから、
エリオットも本望だっただろうと。

(本当に この男・・・死ねばいいのに)ヴィンス
ナイトレイ公に対しての苛立ちはよく分かります。
そこは良かったです。(別に人を殺してほしいわけじゃないですよ?)

エリオットの最期を知らない奴が、彼を貶めるな・・・お前は家の名誉とかくだらないもののために 実の子供を見殺しにしたんだ」ヴィンス

ヴィンスとギルを養子にしたのも、可哀想な子供を引き取ったんじゃない。
ヴィンスから過去の情報を得るため。
ギルが100年前から鴉の契約者の資格を持っていることをヴィンスから聞いたから。

「すべて自分のためだろうが!!喚くな 老害!!」ヴィンセント
ヴィンスは、自分も同じであることを知ってるから、余計に苛立つ。

●最期の言葉
かっこいいね エリオットは」ヴィンス

パンドラに拘束され、尋問を受けるリーオのところへ
「届けにきたよ 君にエリオットの最期の言葉を」ヴィンセント
ヴィンスが来て リーオを拉致ったわけですが←

ナイトレイ公を殺したヴィンス。ナイトレイ公に対して苛立ち熱くなっていた自分。
(たとえ 死ぬ間際であっても 気高く 己の誇りを貫き通した 僕とは正反対の義弟――)

「・・・エリオット 僕はね 君のことが好きだったよ・・・君だけは他の兄姉と違った 君がいたから ギルはあの家の中でも笑顔を忘れずにいてくれた・・・・ありがとう」ヴィンス

「わかった・・・必ず伝えるよ」ヴィンス


そのことばは・・・
「わるい リーオ」
もう、最期まで誰かのことを想って・・・(涙)
(あぁ、レイムショック時とほぼ同じこと言ってる;)

●僕の望みは
グレンであるリーオにヴィンスが望むこと。
アヴィスの意志でヴィンス自身の存在を消滅させること。

僕は 僕のいない過去(せかい)をギルにあげたいのです」ヴィンス
ただ死ぬんじゃないんです。
“消滅”ですから、存在そのものが、なかったこたことになる。
ギルに弟なんて最初からいなかったことになる。

ヴィンスは、自分さえいなければ、ギルはひだまりの中で生きていけたと思ってる。
ギルが辛い目にあったのは、全部ヴィンス自身のせいだと思ってるでしょうかね。
すごく切ないです;
相変わらず、“僕の世界の中心はギル”なんですけど、
今回は、(笑)とか付けられるような状況じゃない(付けるな!)
・・・泣きそうです←

「その願いを叶えてくださるのなら この先何があろうとも 僕は貴方の命に従い・・・その身をお護りいたします」ヴィンス
「・・・なんだ あんたも・・・僕と同じか・・・自分がいたせいで大事なものを傷つけたのか・・・」リーオ

前髪を切って整えてほしいとヴィンスに命令するリーオ。
その瞳は、
(まるで、全てを飲み込む深淵みたいだ・・・)

「了解いたしました 我が王―― リーオ・バスカヴィル」ヴィンス



えりおっとぉおおぉおおっぅ!!!

今、エリオットショック(?)が、すごい勢いで襲ってきています。
レイム君よりもさらに好きなキャラなので・・・辛い;orz
レイムショックもかなり凹んだけど、もう間違いはないだろうということで、
泣きます・・・


次巻 16巻、11月27日発売予定
次は、初回限定特装版アリ!なんとCD付いちゃます!!

キャストも、もちろんアニメ同様。(敬称略)
皆川純子、鳥海浩輔、川澄綾子、花澤香菜、石田彰、
福山潤、野島裕史、諏訪部順一、渡辺明乃、福原香織

わお!エイダまで出ちゃうんだぜ☆
うん・・・エリオットも出る!(ぶわっ

完全予約生産らしいです。私は、さっそく予約してきました♪(もう?)



コメントお返事です。反転してご覧ください。

=反転ここから=
>*仄*さま
コメントありがとうございます。
長々と書きつらねた記事ですが、ご覧いただきありがとうございます。
感想まとめる際は、印象に残った台詞を拾うのですが、PHの場合、
どれもこれも印象に残る大事な台詞ばかりで、いつも長くなってしまうのですが、
そのように仰っていただけると、嬉しく思います。

私も、もう悲しくて、読み終わった後は、
しばらく放心状態というか、本を持ったまま
「・・・・・。」
となっていました。そして、また読み直してブワッです。

リトレイスのイラスト良かったですね(泣)
エリオットとリーオの友達としての関係は大好きでした。
リーオの涙は、主を亡くした涙ではなく、友を失くした涙ですよね・・・

ヴィンセントは、私もすごく好感度上がってきました!
ナイトレイ公に対して、ここまで感情を高ぶらせるとは。
基本的にギルのことしか考えていない(?)ヴィンスですが、
エリオットのことは、彼なりに認めていたんだなと分かって、
とても嬉しかったです。
ヴィンスが、他人に「好きだったよ」と好意を示すことも珍しいと思いますし!

“すべて自分のためだろう”とナイトレイ公を批判しますが、
自分自身もそうであることを自覚していることも切ないですし、
そして、ヴィンスがリーオに望んだことも、すごく切なくて切なくて;

リーオの瞳、すごく惹きこまれますね。
(深淵のような瞳、美麗カラーイラストで見たいです♪)
リーオとヴィンスの動きも注目ですね。

=反転ここまで=


ブログ拍手ありがとうございます。励みになります♪
関連記事
スポンサーサイト
【編集】 |  00:12 |  マンガ  | トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑

コメント

お久しぶりです。

私もパンドラ読んでます。
今回はとても切なかったですね.....

エリオットはほんとうに残念でした。
信じたくはないですよね。
きっと作者である望月さんもつらかったろうと思います....
ヴィンスとの絆、エリオットの最後までリーオを思う気持ちには感動しました。本当にエリオット大好きです。

いろんな謎も解けつつありますよね。
首狩り、ハンプティダンプティ、、、、、、
つながってきましたよね。
最後に瞳を見せたリーオはなんだかアリスに似てませんでしたか?
気のせいかな?
私的にはレイシーとかかわってきそうな気がするんですよ!

あっあと、「レイシー」(←アルファベット)を並べ替えると「アリス」になるんですよ!
これは私の友達が見つけました。
すごいですよね!

なんか話がそれてしまったような.....(汗)

これからもパンドラ楽しみですね!
ドラマCD石田さん出るし!
アニメもまたやってほしいです!

パンドラの数々の謎について語りたいですね!

ではでは☆
sucre |  2011.08.01(月) 22:42 | URL | 【コメント編集】
>sucreさま
お久しぶりです。コメントありがとうございます♪

エリオットのことは悲しいですね。
たしかに、先生も自分が生み出したキャラを殺すという事ですからね;

なるほど!レイシー(Lacie)とアリス(Alice)ですね。
たしかに、アナグラムになっています。
PHの世界には、不思議の国~に出てくる用語も多いですから、
絶対、関係ありますよね!

レイシーは、おそらくグレンの大切な人だと思うのですが。
まさか、アリスは元々レイシーの血縁なんてことは・・・?←

また、もしリーオとアリスも関係があるなら、2人が直接関係というよりは、
2人とも“バスカヴィルに関係がある”ということではないかな、と。
アリスの出生の秘密が気になりますね。
あと、ヴィンスが何としても隠しておきたい100年前の秘密なども!

ドラマCDも楽しみですね!
私も、またアニメキャストで何かないかな~と思っていた時期だったので、
ドラマCD情報には、テンションが上がりました!
好きなキャラは沢山いますが、中でもブレイク(声もw)は特に大好きですから♪
アニメも、後々 原作が完結したら、OVAとかで完結編が見てみたいです。
那智 |  2011.08.03(水) 00:15 | URL | 【コメント編集】
こんばんは^^

パンドラ大好きすぎて興奮がおさまりきらない.....(汗)
謎が謎を呼びすぎて本当によくできてますよね!


望月さんの原画展が開催されているということで、若干自宅から遠いんですが、アニメイト横浜店に行ってきたいと思います!!
夏休みにも入ったことだしね....
遠出しちゃいます!!

バルマ様の描き下ろしカードが運がよかったらもらえるのかな?
楽しみです!!

那智様はもしかしたらもう行かれてるかもしれませんが...
見に行きましたら、感想コメントの方書かせていただきます。(←勝手にすいません。でも後悔はしてませんwwwww)


ドラマCD!!ブレイクブレイク!!
特にブレイクですよね!!

しかしですね、私、原作から入ったので、ギルバート君が大好きなんですよ~。。。。。。
きっとアニメからだったら、cvの兼ね合いとかで120%ブレイク推しだったと思うんですけどねwwww
ワカメでヘタレでいつもがんばってるところにひかれちゃいます//


もちろんブレイクもとても素敵ですよね!!
THE石田キャラって感じです。
敵か味方かわからないような...
何考えてるの?みたいなwwww


あっ
ついつい語りすぎてしまった(汗)
周りにあんまり語れる人がいないのでついつい.....。


そっそれでは☆

sucre |  2011.08.03(水) 22:01 | URL | 【コメント編集】
>sucreさま
こんばんわ!たしかにパンドラ好きすぎますw
新刊が出た直後などは、もう展開が気になって気になって。
本当に、伏線とか設定とか よくできている!と思います。

望月先生の原画展が開かれているんですか。
横浜・・・我が家からは、かなり遠いです;
楽しんできて下さいませ☆

私も原作から入ってます♪その時からブレイクブレイク言ってましたw
結構 頭いい銀髪で謎めいたキャラ好きなんですw
ギルバートも、ヘタレで可愛いので大好きですけどね♪

ドラマCDもキャスト合ってて良かったですけど、
アニメで、石田さんになって、よりブレイクブレイク言ってます。
たしかに、THE石田キャラって感じですね。
「本当に、石田さんは謎めいたキャラが合うな~w」と、
1ファンとして 毎週うはうは(死語?)してました←

そのアニメキャストで、ドラマCDが聴けるなんて楽しみですね~
11月の発売が楽しみです。
那智 |  2011.08.06(土) 19:18 | URL | 【コメント編集】
コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。