スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

AMNESIA アニメ 第7話

2013.02.19 (Tue)
アムネシア、アニメももう折り返し?
早すぎますよ~。なんで2クールじゃないの?2期やりましょう?ww

ケントルートですね~。
めっちゃ待ってました!!!!ケントルート楽しみしてたのに!!!
なのに!なのに!なのに!!!!!
えぐっ・・・えぐっ・・・公式の扱いに涙が!
ショックで!しばらく呆然としてました・・・ホントに。




喧嘩したらしいケントとの話し合いからはじまり。
ワケも分からず研究室に呼ばれ、一日すごすw

そして、頭なでなでwww
力加減が分からずガシガシ

なんかもうケントさんが不器用すぎて、
可愛くて可愛くて仕方がない♪

同じ時間を共有すべきだから。
こうして撫でると良い。
イッキさんのアドバイスですね♪

縁日に行く約束を忘れるケントw
でも、急いで来てくれる。
雨が降って、傘に入れてくれる時、
手を握ればいいのに、傘を持ってくれって言うw

ただ不器用なだけで本当は優しいんですよ、ケントさんは!
たぶん、研究室通っている主人公も、そう感じているのか、
あまり警戒心がないです。自然に接することができてるみたいで。

●でも、そんな態度が変わった主人公に違和感を覚えるケント。
鎌を掛けてみる・・・記憶がないことを確信する。
あらゆる可能性を考えてみたケントさん。

「記憶喪失から異星人によるアブダクションまで~」ケント
いやいやいやwww
さすがに、アブダクションを仮定できないでしょうw
真顔で面白いこと言うんだから、ケントさんってば☆←

●記憶喪失を打ち明ける事にした主人公。
オリオンの存在を話し、信じてくれるケント。
堅物という設定ですが、こういう点は、本当に順応性があると思います。

主人公ちゃんが、オリオンの似顔絵を描くけど・・・下手すぎるw
オリオンさんが可愛くない;

●パラレルの世界
今の主人公に、ケントと過ごしてきた日々の記憶がない・・・

他の世界の主人公かもしれないと聞いた時の、

ケントの表情が、本当に悲しそうで。切なかったです(涙)

●最初のなでなでは、ガシガシでしたが、
後半の頭なでなでは本当に優しくて、
主人公ちゃんもそれが分かって、優しく微笑んでて・・・

本当に可愛らしいカップルでした!!

●道で
「明日も会えるだろうか?」ケント
「はい」主人公
と手をつないだ瞬間・・・

ダイヤの世界へ・・・

●え?・・・え?
ブワッ・・・
なんで?なんでケントだけ1話なの?え?

ナニガオコッタノカワカラナイヨ

本編は、本当に良かったんです!
ケントさんも主人公ちゃんも本当に可愛くて、
めっちゃ良い彼氏だったんですってば!

今まではシンもイッキも危険な香りにハラハラしてたけど、
本当にケントさんルートは癒されたっていうか、
不器用可愛いケントさんに萌え転がってゴロゴロしてたんですよ!?←

なのに・・・もう終わりですか!?
え?安らぎ癒しルートのケントルートは、
サスペンスがウリのアムネシアさんには、重要性が低いとおっしゃるの?
一番、乙女ゲーしてるケントさんルートが!?

これで、トーマルート3話だったら、相当すばらしい話にしてくれないと許さないですよ?
ケントルート削ってまで作るんだから、相当すごいものにしてくれるんですよね?
そうでないと。完璧なものにしてくれないと、まじで怒りますからね!!!!!
「はっ?ケント削っておいてコレ?」とか、絶対言わせないでくださいね!
期待してますよ?制作側さんw←

ふふ・・・人気っていうのは、もちろんあるとは思いますが、
同じ立ち位置であるはずの攻略キャラのこういう不平等感は、大嫌いです☆←
平等じゃないと嫌ですよ?
(だったら、最初からメインヒーロールートの方がまだ諦めっていうか納得できる)

ケントの扱いに納得できませんが、トーマルートも楽しみです♪
アムネ、1クールで収まる話じゃないですよね、2期やってくれないかな?


ブログ拍手ありがとうございます♪励みになります。
関連記事
スポンサーサイト
【編集】 |  21:38 |  AMNESIA-アムネシア-  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。