FC2ブログ

STAGE 24 「崩落のステージ」

2007.09.03 (Mon)
いまさらですが やっと、STAGE 24 をまとめることができました。
それにしても、すごかったです。

それでは、STAGE 24 「崩落のステージ」

【More・・・】

-OP前-
今までの、ハイライト的な?

-OP-
曲は、とても良いと思います。ただ、映像がDVDのジャケットとか、
そんなのばかりで、それはちょっと残念でした。


-Aパート-
理解は幸せ。私を実験体にして再現しようとしましたですね?この病を」ジェレミア
いきなりのオレンジ君に、笑!!そして微妙に文法が間違っています。
不完全なのに、目覚めてしまった様子。研究所もてんやわんや(?)です。

「ユーフェミアの仇、ここで討たせてもらうぞ?ゼロ・・・」コーネリア
コーネリアも、復讐の炎で燃えてます。

そして、ついに声だけでもギアスを発動できるようになってしまったようです。
ゼロの声を聞いただけで、ギアスに操られてしまうブリタニアの軍人。

「うわぁ☆ソカイを全部壊したんですか?」カグヤ
「外延部のみと聞いております。・・・ゼロは・・・どうやって?やはり、ヴィレッタやジェレミアの推測は正しかったということか。ならば素晴らしい!世界の前では人は駒でしかない」ディートハルト

なにか、気づいているようですね、ディートハルトは。でもかなりのゼロ信者!

藤堂隊が、コーネリアの隊と交戦。
「この私に、部下を置いて逃げよと言うのか?」コーネリア
姫様は生きねばなりません。ユーフェミア様のためにも。そう、私は姫様に選ばれた、姫様を守る騎士!ならば、ここは私こそが!」ギルフォード
「わかった。命令だ。生きて帰れよ。我が騎士ギルフォード」コーネリア

カッコいい!!ギルフォードもコーネリアも。

そのころ、黒の騎士団は 学園への進行を。カレンにも動揺が;
そして、スザク。ランスロットのもとへ・・・
「行くつもりだね?トウキョウソカイに。でも、おめでとぉお~。」ロイド
「っく」スザク
「・・・やるべきことはすべて終わったんだ。出撃命令も出ていない」ロイド

ロイドさんなりに、スザクを止めようとしているんだと思います。
他人に関心がないようで、結構 見ていたり 思いやったりする人だと思うので;
「命令違反だよぉ?」ロイド
「スザク君、気持はわかるけど・・・」セシル

無言で近づいてくる、スザク。
ロイドさんをグーで殴ったー!!?
きっと、ロイドさん。親父にも殴られたことないだろうに・・・;
「東京には、ゼロがいるんだ!俺は俺の手でゼロを倒す!!邪魔はさせない。俺がやるんだっ!」スザク
もう、完全に「俺」ですね。ブチ切れモードです(涙)

「この先に陣を張りました。お戻りください」グラストンナイツ
「すまない、礼を言う」ギルフォード
「それには、及びません。私たちは、もともとダールトン将軍の配下です。将軍の生死は分からずとも、コーネリア総督に仕えることが最優先です。」グラストンナイツ

そうだったんですか。

ブリタニアの本国?
意外に、第一皇子さんは、おっとりさん!?政治には向かないような感じですね。
はっきり言って、優柔不断そう?

黒の騎士団は、学園やテレビ局を占領。
「ここはカッコつけさせてくれよ。俺がみんなを守る!」リヴァル
カッコいいよ!!でも、背低いですね、ホントに・・・(爆)

ここで、カレンも騎士団メンバーだと明かしましたね。
「ねぇ?私に何をしたの?私がどれだけ恐かったか。二人でやったんでしょう?私に何か」シャーリー
カレンとゼロに問いかけるシャーリー。


-Bパート-
「どけぇええぇ!!!」スザク
突っ込んでくるスザク。もう怒りも燃えて・・・止まらないんでしょうね;
ここで回想・・・
「ギアス?」スザク
「そう。ゼロは超常の力を持っている。ユーフェミア皇女殿下は何故急に人が変わった?ルールを順守しようとした君は、シキネ島で何をした?」VV

ここで、ギアスのこと教えられたんですね。でもVVもゼロの正体まで話しているのが自然なんじゃ・・・
そして、記憶の戻ったヴィレッタ。完璧にゼロの正体まで思い出していますね。
それに、扇さんとの関係も終わり;結構好きだったんですけど、このカップル(笑)

スザクとカレンの戦闘。
「君の日本人も、あんな男に騙されて!!」スザク
「その言い方ムカツクねぇ。あんたにゼロの何がわかるっていうの?」カレン

スザク、怖い・・・。

激しいですね。ナイトメアの戦いは メカに詳しいわけではないですが
見ていて、面白いです。ドキドキするというか・・・。
カレンがピンチのところで、ゼロが・・・結果的には、カレンを助けてくれた形になりました。

生徒会。
「ニーナ。ガニメデの倉庫にいるのかしら?」ミレイ
「それより、カレンでしょ?俺達どうなるんだろう?」リヴァル
「大丈夫。黒の騎士団は・・・いえ、ゼロは絶対に私たちに危害を加えないから」シャーリー
「なんで言い切れるんだよ;」リヴァル

「卑怯者!!!」スザク

スザクの怒声!!そして生徒会のみんながいる部屋の前にガウェイン。
みんなも巻き込んでしまう。たしかにちょっと 卑怯・・・かも;
「人質のつもりか?何が一騎打ちだ!!?」スザク
「仲間になる機会を、ことごとく裏切ったのは お前だ。くだらん美学に、こだわったことを悔いるがいい!!」ゼロ

本当に、悪者の言いそうなセリフです・・・ルルーシュ(涙)

「そんな;ゼロがここを狙うなんて・・・嘘よ!嘘。だってそんなことしたらっ!!」シャーリー
ナナちゃんまで危険にさらしてしまうのに!だってあなたはルルーシュなんだから!
といったところでしょうか??ゼロの正体を知っているシャーリーだからこそのセリフですね。

また、ナイトメアの動きを止める装置に・・・
「ゼロ!!お前は、最後まで人を騙して!裏切って!!」スザク
「フッ。偽善なる遊びに付き合う暇はない。さらばだ、枢木スザク」ゼロ

その場を去るガウェイン。騙して、裏切って・・・確かに;(涙)

「話してやるよ。いずれ・・・その時がきたら」CC
アリアスの離宮のことを知っているCC。やはりマリアンヌとの関係が気になる所です。

ヴィレッタが、扇を撃った。記憶が戻ると それまでのことは関係なくなってしまうんですね。

「う゛~っ、これじゃスザクまで・・・」リヴァル
「何かあったのかしら?」ミレイ
「いまのうちです。行ってください。スザクさん、助けに行ってください。ここで一番たよりになるのh・・・」ナナリー

生徒会もただ、つかまっているわけじゃないっ!!

コーネリアとゼロの交戦。ゼロは押され気味。
「スペックでは圧倒しているはずなのにっ!?」ゼロ
「脆弱ものがぁっ!!捕まえたっ!!お前の命は今、まさに私の手の中にぃいぃいいっ!!!」コーネリア
「コーネリアっ!!!!」ゼロ
これが裁きだぁああ!!」コーネリア

「ぐはぁっ!」コーネリア
「姫様。ダールトンです。」ダールトン
「・・・なぜ・・・だ;」コーネリア
「間に合ったか・・・」ゼロ
「ご安心を。御命まではいただきません。ゼロに姫様を差し出すために・・・。っ!!?姫様っ?なぜ!?」ダールトン
「ありがとう、ダールトン」ゼロ
姫様ぁああ!!!」ダールトン

最期は、ギアスから正気に戻ったダールトン。一番大切に想う人
討たせるなんて・・・このシーンだけのゼロを見たら、本当に酷いヤツだと思うでしょう。
(今までを見てきたし、ルルーシュは大好きなので嫌いになるとかはないですが)

学園にもどり・・・
「あら・・・もしかして、CCさん?」ナナリー
「違うよ・・・」VV
「え、でも・・・;」ナナリー
「ナナリー、君を迎えに来たんだ」VV

ここで、終わりー!?25があるので良いんですけど;
ナナリーがCCと間違えるということは、VVは やはりCCと同じ気(?)
を感じるんでしょうね?何者でしょう?
関連記事
スポンサーサイト



【編集】 |  00:18 |  コードギアス 反逆のルルーシュ / R2  | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

コメント

はじめまして、fish★と申します。

とても詳しいレビューだったのでついコメントを...。
レビューを読んでたら、また24、25話を見たような感じでハイテンション気味ですョ!
コードギアス第24、25話...ホントすごかったですね!
たくさんの方がお亡くなりになったり(涙
続きがどうしようもなく気になったり...。

え~と、突然の乱文ですみません。また寄らせてください。
fish★ |  2007.09.03(月) 19:04 | URL | 【コメント編集】
はじめまして。
そのようにおっしゃっていただけると、
書き甲斐があるといいますか・・・とても嬉しいです。
本当に、24・25はすごかったですね。しかも気になる あの終わり方!
続編が大変楽しみですね♪

もし、よろしければ またいらしてください。
コメントありがとうございました!失礼します。
那智 |  2007.09.04(火) 19:35 | URL | 【コメント編集】
コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME |