FC2ブログ

ニュータイプ 3月号 ガンダムOO 情報♪

2008.02.09 (Sat)
次は、OO情報。本当はギアスとまとめても良かったのですが、長くなりそうなので。

あらすじ(要約)
●19話 「絆」
一般人も巻き込むスローネのやり方に疑問を感じる刹那。「紛争幇助者」として、エクシアで
排除行動へ。仲悪かったティエリアも、刹那に同調。協力してスローネを追い詰める。
ヨハンは、逃走を決断するが、去り際に、衝撃的な事実を暴露。

刹那とティエリアが協力って!すごい進歩じゃないですか(笑)ヨハンの発言が気になります。

●20話 「変革の刃」
ユニオン、AEU、人革連が軍事同盟を結ぶ。ある人物からCBの重大な情報がもたらされ、
ガンダム打倒という、目標のもとで、ひとつにまとまる。


●21話 「滅びの道」
3陣営がまとまる=CBを追い回す。世界に追われるCB。悩むティエリアを励ますロックオン。
彼らは信頼を深めていく。そして、世界統合軍によるガンダム殲滅作戦が始まる。

ついに!仲間意識皆無と思われたマイスターたちに信頼という言葉が!(笑)
(第1部の)最終話に近づいてるって感じします。

●22話 「トランザム」
世界統合軍の攻撃には、トリニティすら苦戦する。この不利な状況の中でも
刹那の瞳は、輝きを失っていない。


トリニティのCV、3人のインタビュー(要約)
3人の言葉は、正確じゃありません。私が搔い摘んで要約していますので、ご注意を。

【More・・・】

(実際の、口調はもっと柔らかで丁寧です)

ヨハンの格好に、大爆笑な3人。

釘 : ――なんか、笑っちゃうね、露出度が・・・
小 : 腹だしのナマ足です
浪 : ・・・だめだ!どうしても短パンに目がいってしまう(笑)

よくわかります。私も短パンに驚きました。
しかも年齢知って、もっとヨハンの格好に突っ込み入れたくなりました。

声優陣の血液型が偶然にもB型。
釘 : 性格がくどいB型3兄妹(笑)
小 : 演技上、兄弟ということは意識する。
浪 : 真ん中だから、お兄ちゃんを信頼して、妹を守って。まぁ守ろうとしすぎなんですが。
小 : ナイフ出すからね(笑)


物騒なシスコンちゃんですね(笑)

浪 : だから、兄妹を意識していると思う
釘 : 2人に大事にされてる。危なくなったら絶対助けてくれると思うから、好き勝手できる。
小 : 末っ子っぽい感じがするよね
釘 : 要領がいい。2人をよくみて育った感じ。
小 : 兄の良いところと悪いところを・・・
浪 : 「悪いところ」明らかに僕の方を見ましたよね!(笑)
小 : ヨハンはやりすぎな2人を止める。刹那からみたら、彼もやりすぎかもしれないが、
    彼は、すごくまじめ。「使命があるから、これが正しいんだ」という感覚の違い。

釘 : ヨハンは頭脳プレイ
小 : いつもすごくフル回転。状況をいつも計算している
浪 : もしお兄ちゃんがいなくて、下2人だけだったら、勢いよく飛び出しすぎて、どこかにあ
    たってすぐ死んじゃってると思う。(笑)特にミハエルは身体だけフル回転だから、策士
    っぽくならないようにしている。
釘 : ネーナは、監督に「一番悪いやつ」と言われている。自分のわがままを通すにはどうし
    たらいいいだろうと、頭フル回転させてる。

浪 : ネーナは、鼻歌まじりに人をばんばん殺していくよね。
釘 : シリアスに演じていたら、監督に「アイドルがステージで踊る感じでガンダムに乗る」
    と言われた。

浪 : じゃあミハエルは、そんなアイドルの親衛隊長で(笑)
小 : じゃあヨハンは、アイドルのマネージャーで、親衛隊長の度がすぎると「何やってん
    だ!」と(笑)

なんか分かる気がします。たびたびマネージャーに怒られてる親衛隊長が想像できます。

釘 : マイスターの人たちが、作ってきた雰囲気を、ある意味壊している気が・・・
浪 : もうちょっと明るくなった方がいいと思うな!
小 : 浪川君は今日も、マイスターのシリアスなシーンを見ながら、小声でずーっと「あいつら
    暗い、あいつら暗い」って。

釘 : すごく深刻なシーンなのに;(笑)
小 : ミハエルが言いそう。キャラと地が近いんだね!
浪 : いやいや!違いますって!


たしかに・・・暗い・・・ですよね(爆)
でも仕方ないですって!戦争だし。それに明るい刹那とか想像すると笑えます☆
関連記事
スポンサーサイト



【編集】 |  18:19 |  機動戦士ガンダムOO  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME |