FC2ブログ

鉄のラインバレル 第1話「クロガネと少年」

2008.10.05 (Sun)
鉄のラインバレル 第1話「クロガネと少年」

OOの次に期待のアニメです。ずっと感想を書き続けるかどうかはわからないですか、
とりあえず1話は書こうと思います。(でもギアスやOOほど、しっかりは書きません)


あらすじ
いじめられっ子(?)の早瀬浩一は、同級生にパシリにされていた。
そんな彼を、いつも助けるのは、幼馴染の八島と理沙子だった。
自分が助けてもらわなければならないような「弱い存在」であることを快く思わない、浩一は、
意地をはり、2人の助けを受けようとせず、パシリとして、いじめっ子の、昼食を学外まで
買いにでかける。

そのころ、JUDAでは、ラインバレルの落下地点予測。
加藤機関では、落下地点をJUDAに変更しようと画策していた。

浩一は、買い物の帰り、宇宙からきたマキナ「ラインバレル」の落下に巻き込まれ、
命を落としてしまったかに思われた。しかし、制服は血だらけになっているにも関わらず、
無傷であった浩一。その傍らには、全裸の美少女が倒れていた。この場所が危険だと
感じた浩一は、彼女を、一時的に自分の家へ連れて行き、妹の服を彼女に与える。

そして、加藤機関のロボ(マキナ?)が、街を破壊しはじめる。その事実を知った
美少女・絵美は「あれは敵だ」と告げる。そこへ、八島が助けにくる。
瓦礫の下敷きになりそうになったところを、八島が、体をはって、
浩一と絵美のことを助ける。「先に行け」という八島に対して、また助けられる
ということを良く思わない浩一は、その瓦礫に拳をぶつけると、瓦礫が粉々なってしまった。
自らが、強大な力を手に入れたことを知った浩一。
そして、絵美の力によって、「ラインバレル」を呼び出し、ファクターとして乗り込む。
力を手に入れたことにより、浩一は正義の味方になった。


1話なので、あらすじからまとめてみましたが・・・。キャラ名が、まだまだ覚えられません。

巻き込まれ型(?)の主人公ですね。でも、力を手に入れたことによって、調子に乗って
いくタイプの性格のようです。「俺が正しい、俺が正義!」って感じですね。
精神的には、幼いように思えます。そうなったら、誰か叱ってくれる人が必要だと思います。
この物語の場合は、森次あたりが、その役になれそうな気がしますが・・・。

絵美は、「謎の美少女」です。これから、謎が解けていくので、楽しみです。

加藤さん。顔色が悪い(爆) 福山さんの声は、まあルルーシュ系の低めの声ですね。
指揮官ですし・・・。今のところのラスボス候補。

原作を知らないので、まだまだわからないことだらけです。
EDの坂本さんの曲がとても素敵でした。次回からは、OPもあるので、曲と映像が楽しみ。
関連記事
スポンサーサイト



【編集】 |  01:02 |  アニメ感想  | トラックバック(3) | コメント(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
こんな主人公で、大丈夫? 秋アニの中ではかなり期待していた本作でしたが、 主人公浩一があまりにも屈折した性格で、次回予告で 「あなた、最低です」 といわれる始末… かなり先行き不安。 キャラデザもいまいちなんだよなー 1話にして、かなり視聴者層が...
2008/10/06(月) 11:01:29 | のらりんクロッキー
これが……、ラインバレル! 秋の新番、私の中での第3弾。 「鉄のラインバレル」第1話のあらすじと感想です。 ……浩一ってもしかしなく...
2008/10/07(火) 03:41:08 | 渡り鳥ロディ
第1話 「クロガネと少年」 ナイスな展開じゃないか――!(笑) いつか正義にと痛い憧れを持ってた早瀬浩一。 空から巨大人型メカ「ライン...
2008/10/08(水) 22:02:36 | SERA@らくblog 3.0
 | HOME |