FC2ブログ

鉄のラインバレル 第2話「疾走する正義」

2008.10.12 (Sun)
彼の正義ってなんでしょうね?
彼にとっての悪ってなんでしょうね?
中学生だし、成長途中なのは、よく分かりますが、主人公は好きになれないタイプだ。

疾走っていうより、暴走?な 鉄のラインバレル 第2話「疾走する正義」感想です。

力を手に入れた浩一。パシリの無理な要求にもこたえ
「究極のパシリ」となりました(笑)
まぁ、パシリしてやる必要はないですけどね;

ラインバレルに関する報道が一切されないということに不満を覚える浩一ですが。
自分の活躍をみんなに知らせたいんですね。無意味にラインバレルを呼び出そうとします。
・・・あの、浩一君はバカですか?
そんなところに呼び出したって、迷惑極まりないでしょう。
力を誇示しないといけないんですね。
せっかく、矢島も、浩一のことを心配して言ってくれてるのにさ・・・。
このあたりの浩一の態度には、ちょっとイラっとしました;(汗)
こういう心配してくれるような友達がいるって、幸せなことですよ!
早く、そういうことに気づいてください。

そして、加藤機関からの襲撃。
このあたりの加藤と部下のやりとりで、ちょっと加藤の好感度が上がりました。
沢渡に”久嵩”って呼ばれても気にしないくらいの関係っていのが良いです。
加藤様~加藤様~って感じよりは、全然いいなって♪(笑)
「遊びをとったら、何も残らない」って、菅原も、加藤のことよくわかっているって感じが良い。

JUDAのサトルと九条が、沢渡と交戦します。
そこへ、乱入してきたのが・・・えっと、大バカ浩一君です。
しかも、加藤機関への攻撃ならまだしも、あろうことか、JUDAに攻撃します。
何を考えてんだか。

正義は俺なんだ! 俺以外のお前らは全て悪だ
自分に向かってくるものは、すべて悪ですか。何を基準に自分の正義を設定しているのか。
そりゃね。立場によって、正義は変わりますよ。でも、彼のはめちゃくちゃ。
浩一の正義っていうのは、みんなを守りたいとか、そういうことじゃないの?
浩一の戦い方では、街を破壊して死者を増やすだけですね。
そこのところを良く考えてほしいです。

次回 第3話「蒼の戦慄」
あなた、最低です!!

普通、自分が死んでしまったなんて言われたら、ショック受けるだろうに。
これから、ちゃんと心も成長していってください。

というか、今週は、あまり話が進まなかった。
(ギアスなど展開の早さに慣れてしまったから、より遅く感じます。
OOもわりと展開早くなりましたしね;)

【More・・・】

TB
http://app.blog.livedoor.jp/koubow20053/tb.cgi/51106160
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/10150107410/72a212f1
http://harutoki2.blog18.fc2.com/tb.php/1014-e24bc744
http://kazekura200.blog25.fc2.com/tb.php/621-3b5d7dd5
関連記事
スポンサーサイト



【編集】 |  20:48 |  アニメ感想  | トラックバック(3) | コメント(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
正義でもなんでもないよ。 1話から突飛している行動やセリフなどを私たちに見せつけてくれる浩一なわけなのですが。 そろっとその自称正義と...
2008/10/13(月) 00:05:29 | Shooting Stars☆
逃げるのか。……まあ、俺に敵うわけないもんな。 「鉄のラインバレル」第2話のあらすじと感想です。 もう誰か、コイツをボッコボコにし...
2008/10/13(月) 00:39:41 | 渡り鳥ロディ
やっぱり胸タッチで呼び出すんですねw 戦闘シーンはかっこいいんだけどなあ… 本筋に入るまでに主人公で愛想つかされそうなアニメだな。 「正義は俺」とか「俺以外のお前らは全て悪」とか 正義の味方を履き違え、今日も爆走の主人公。 街を破壊しまくって…ブラッ...
2008/10/13(月) 21:52:17 | のらりんクロッキー
 | HOME |