FC2ブログ

機動戦士ガンダムOO 第3話「アレルヤ奪還計画」

2008.10.24 (Fri)
アレルヤの、あまりの可愛さに驚きました♪
ガンダムOO #3「アレルヤ奪還計画」感想です。

マリナは、刹那と接触したことによって、CBとのかかわりを疑われて捕えられたようです。
たしかに、ファーストシーズンから、かなりオープンに接触していて大丈夫かな、
とは思っていたんですけど、やっぱりそうですよね;
さらに、またCBが活動を始めたとなれば、当然かー(汗)

「僕たちは、そのために生まれてきたのだから・・・。それは人にはできない。できるのは僕たち、イノベーターだけさ」リボンズ
連邦軍にも、情報を流しているリボンズ。彼はイオリアの計画通りだと言っていますが;
人にはできないってことは、リボンズは、やっぱり人じゃないってことですか?
それは、ティエリアにも当てはまりますかー;(汗)

「彼らは、やってくるかな?」リジェネ
「もちろん、やってくるさ。あそこにはガンダムマイスターもいるのだから」リボンズ

アレルヤは、ガンダムをおびき寄せるなわけですね・・・(涙)マリナも?

「この男ですか?4年間、この収監所に拘束されているガンダムのパイロットというのは・・・?」アンドレイ
え・・・4年間っ!!!!?ずっと?それは、辛すぎますよ;(涙)

脳量子派の影響は、もうない様子のアレルヤ。
ハレルヤが、消えてしまったことにも関係があるのでしょうか・・・。
「マリー・・・っ;ようやく出会えた・・・やっぱり生きていたんだね、マリー!」アレルヤ
「マリー?」ソーマ
「僕だよ!ホームでずっと話していた・・・アレルヤだよ!!」アレルヤ
もちろん、ソーマが、アレルヤのことを覚えているわけもなく・・・。
いったいどういう関係なのでしょう?ホームとやらで話していただけ?血縁ではないようですが;

「MSの戦闘経験は?」ティエリア
あるわけないだろう。作業用のワークローダーに乗ったぐらいだ」ロックオン
まったくの素人を連れてきたのか・・・刹那め!」ティエリア
「だからさ、やることいっぱいあるだろ?よろしく頼むよ。かわいい教官殿?」ロックオン
「ちゃかさないでほしい!」ティエリア

ですよねー;普通、MSの操縦なんて、軍人くらいしかしたことないですよ;
ライルが、素人なのは当然です。それにしても、かわいい教官って・・・。
やっぱり顔は、美人なんですよね、ティエリア(笑)そして、ライルは、事情を知らない
こともあって、軽い感じですよね。知らないのだから仕方がないですけど。

「スローネと俺たちは、別の立場で武力介入を行っていた」刹那
仲間じゃない、と?」沙慈
「ああ」刹那
「それでも君たちも、同じようにガンダムで人を殺し、僕と同じ境遇の人を作ったんだ・・・。世界は平和だったのに。当たり前の日々が続くはずだったのに・・・」沙慈
自分だけが平和なら、それでいいのか?」刹那
「そうじゃない。でも、誰だって不幸になりたくないさ」沙慈

普通の人にとっては、沙慈の意見はそのとおりですよね。やっぱり自分が平和なら、
紛争とかは、テレビの向こうの世界ですもの・・・;

「マリーという名はありましたか?」ソーマ
いちおう、”マリー”について気になっているソーマ。
でもね、いくらセルゲイが、資料に目を通したからって、そこにあった名前をすべて
暗記しているわけではないと思いますけど??自分の目で確かめるべきです。

留美も、ネーナを使っていろいろ動いています。何をしたいんだろうか;

「マリー、なぜ名前を変えて・・・。それにあの言動。やはり違う人格を・・・」アレルヤ
自分が捕まっていても、マリーの心配をするアレルヤ。こんな時まで人のこと考えて!!
そんな、アレルヤが大好きです♪
普通、あんな状態だったら、まず最初に自分が精神的にやられてしまいそうです。
たぶん、今回のCBおびき出し作戦のため、ソーマたちと面会させるため、
拘束されているとは・・・思うんですけどね;だって、仮に4年間あの状態だったとしたら、
筋力低下(?)とかで、まったく動けないでしょうから。
ついでに、髭生えてなくてよかったです;髭面のアレルヤなんて、絶対見たくない!!!

「アレルヤ?誰だ、そいつは・・・」ロックオン
「おなかまー、おなかまー」ハロ

ハロが、可愛いです♪スローネのことを「敵ー」って言ってたりしたので、
この「おなかまー」が、なんだか嬉しいです♪

「後悔はしない!たとえミッションに失敗したとしても、あんたの所為なんかにしない!俺たちは、どんなことをしても、アレルヤを・・・仲間を助けたんだ!頼む。俺達に戦術をくれ!!」刹那
仲間を助けたい!その想いに、やっとCBに戻ることを決めたスメラギさん。
アレルヤのため、仲間のためっていうのが、良いですよね☆

「ライル・ディランディのこの能力値の高さ・・・いったいどういうこと?」スメラギ
私としては、コレは、すごく気になります。ライルは、何者なのでしょう?

1、本当は、プロの訓練を受けているのに、素人のフリしてんのさぁ
2、ニュータイプ的な・・・コーディネイター的な・・・実はそんな人なの♪
3、偶然だよ、偶然。ちょっと運動神経いいだけー☆


私としては、こういうセリフがあるってことは、何か意味があると思うので、
2と予想してますが。でも、そういう能力が優れているというのは、
OOの世界では既に、超兵がいますけどね(汗)

ついに、アレルヤ奪還計画開始です。プトレマイオスをそのまま海へ。本当に大胆です♪
「残りの2分で、もう1人を助けたらどうだ?」ティエリア
マリナのことを、ティエリアが教えてくれたのが意外でした(笑)
というか、ちゃんと、刹那がマリナをなんだか気にしていたこと知ってたんですね。
そりゃ、隠そうとしてませんでしたけど・・・!
それに、昔のティエリアなら、ミッション以外のことをしようなんて、絶対言わなかったはず。
ついでに、アレルヤ奪還も 「マイスター失格!万死に値する」って感じで切り捨ててたかも;
でも今は違う。そういうところが、ティエリアは、ものすごく変わったなーと感じます☆★

「なぁ、ハロ。兄さんは、戦うとき、何か言ってたか?」ロックオン
「ネライウツゼ!ネライウツゼ!」ハロ

「オーライ。・・・ケルディムガンダム!ロックオン・ストラトス、狙い撃つぜ!!」ロックオン
ここすごく良いですよねー!!!また「狙い撃つぜ」を聞ける日が来るとは思いませんでした♪
でも、ライルは、収容されていたカタロンの仲間が気になる様子。
アレルヤ奪還に乗じて、ちゃっかり仲間を助けちゃうライルさんのスパイっぷり!!
良い感じにCBを利用しています;だから、役割があったほうが好都合なんですね。

アレルヤを見つけた刹那。アレルヤの拘束具を銃で解いていきます。
やっぱり、射撃の腕がものすごく上がってますよね、刹那♪ロックオンの影響かな?(笑)
刹那は、マリナも助けにいきます。

アリオスと対面したアレルヤ。そこへソーマが!
「いいや、これが君の本当の名前なんだ。マリー・・・マリー・パーファシー」アレルヤ
何かを思い出すソーマ。いつか思い出すときがくるのでしょうか。
でも・・・ソーマはソーマで、軍人として頑張っていて、セルゲイもいて。
今、思いだしても、彼女にとっては辛いだけかもしれません;(汗)

「くそ・・・すぐそこにマリーがいるのに・・・」アレルヤ
「マリー、必ず迎えにくるから・・・必ず!!!」アレルヤ

アレルヤとマリーの行く末が気になります!!!

マリナがCBに連れて行かれたことを知ったシーリン。いちおう心配しているようでしたし、
決別したとは言っても、そこまで険悪ではないようです。よかった。

ED後。
部屋に入ってきたライルを見たアレルヤ。
「っ!?・・・ろ、ロックオンっ!!?どうしてっ!!!」アレルヤ
「そのリアクション、飽きたよ・・・」ロックオン
ティエリアとロックオンの顔を見るアレルヤ。
「・・・・っす、すまない///」アレルヤ
頬を赤らめながら、謝るアレルヤ・・・
可愛すぎるぞーっ!!!(叫)

変わらないな。君は・・・」ティエリア
「そうかい?」アレルヤ
無理に変わる必要はないさ。おかえり、アレルヤ」ティエリア
「・・・ああ、ただいま」アレルヤ
変わらず天然なアレルヤが素敵です♪おかえりって言ってくれるティエリアも素敵ですv

アレルヤが帰ってきた・・・本当にうれしいです。

「戦いのない生き方なんて、いくらでもあるじゃない!」マリナ
「それが思いつかない。だから、俺の願いは、戦いでしか叶えられない」刹那
「そんなの・・・悲しすぎるわっ;」マリナ
「なぜ泣く?」刹那
あなたが・・・泣かないからよっ;」マリナ
「・・・・っ」刹那

あなたが、泣かないからよ・・・の後の刹那の表情。マリナに惚れた・・・って顔してますけど♪

次回 第4話「戦う理由」
それでも罪は消えない・・・
ロックオンさん・・・フェルトにキスしてます?(汗)
どうしてそういう状況になっているのか。真相が気になります。

第3話は、アレルヤファンには、たまらない回となりました!!
おもに、ED後のシーンが最高です。こんなに可愛いアレルヤが見られて幸せです♪

ライルは、あくまでカタロンからの潜入ってことですか・・・。
やっぱり、せっかくロックオンなのですから、CBが一番になってほしいです。
関連記事
スポンサーサイト



【編集】 |  02:29 |  機動戦士ガンダムOO  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME |