FC2ブログ

おおきく振りかぶって 12 感想

2009.06.25 (Thu)
おおふり 12巻♪
待ってました。

がんばったよ、水谷!!!おまえ、頑張った!
ヘタレ水谷が、打ったよ。偉いよ。可愛いよ!
と、感じた12巻。

美丞に、初回3点取られていた西浦。
攻撃に移っても、西浦はうまく得点できず。それは、西浦のバッターの特徴と、
バッテリーの配球をすでに研究されていたからでした。

阿部の特徴は、相手の好きなコースはボールになるということ。
だから、美丞は、好きなコースが来ても、ボール球として処理していました。
それは、三橋の正確なコントロールがあるからこそ、全部ボールに
することが可能なんですけどね;

美丞の守備は、バッター相手には、パワー不足の泉・田島・水谷は、外野が前に。
外をひっぱる力がないと思われている阿部は、外野が右側に動きます。
力のある花井は、外野の守備位置は、そのまま。
今までの試合、2番でバントが多かった栄口は、あまりデータがないようでした。
・・・などなど。一人ひとりに対応していました。
守備に関して、一番初めに相手の研究に気付いたのは、田島でした。
観察力があるね。(前にモーションも盗んでたし)

そのパカスカ打たれるコースに疑問を感じたのは、三橋。
阿部にそのことを伝えようとしますが、いつものオドオド(笑)
「あ・・・の・・・コッ ス・・ち  がっ」
言葉になっていませんでしたが、田島が、通訳。仲良いですね♪
そこで、やっと、こちらが研究されていることに気づき、その相手の作戦を逆手にとる
配球に変更。さらに、わざと「首を振る」というサインまで作りました。
それで、なんとか反撃開始。

頑張ったのは、水谷!!
打席で、「脇!」というベンチからのアドバイスを聴きます。
そのとき、ベンチで、緊張をほぐすためにくすぐられたのを思い出し、
くすぐりを思い出し、脇をしめます・・・・そしてラッキーで打ち、出塁。
これが、2度あって、マジで水谷大活躍!!
自分でも
「今日のオレは、ナイバッチ水谷なんだぞ」
心の中で、自分に自信をつけさせるように考えてます。可愛いな。
水谷と、花井がそれぞれホームへ帰り、なんとか2点。

しかし、その相手の作戦を逆手にとったこっちの配球だけで、
美丞を討ち取れるわけもなく。5点目が入ってしまいます。

「三橋 お前まだ オレのリード信じて投げられるか?」阿部
「投げられる!!! オ レは 投げられるっ」三橋

その力強い言葉に
(・・・アホかオレは 何 自分の不安を 投手に押しつけてんだ)阿部
とちょっと自己嫌悪。阿部も自信がなくなっていたんですね。

しっかりしろ! オレは もっと こいつを生かしてやれるはずだ!
自分自身にも気合いをいれ・・・試合続行です。

次巻は、西浦が反撃始めるようです。


この巻。
水谷は、本当に頑張った。個人的にヘタレな水谷が好きです。

あとは、花井・・・なんとか三橋とコミュニケーション(?)しようとしてますが、
緊張ほぐしに、くすぐってあげるのも、なんか照れくさいし。
三橋も、くすぐろうとしてくれてたみたいだけど、ひっこめるし。
得点後のハイタッチも、三橋とは、なぜか気恥ずかしい・・・。
まだまだかな。というかキャラ的に田島のようにはなれないからね。花井は・・・

田島は、美丞の守備位置に関して。
自分の時は、外野が前に動くのに、花井は定位置のまま。
センター返しにこだわってる場合じゃないぞ、って思ってましたけど。
なんとなく「パワーがあってうらやましいな」くらいは思ってそうですよね。

そして、泉。
三橋が、バント指示を受けたときに、阿部が異常に心配するんですよね。
そりゃ、投手の指は、命だけど・・・。
その過保護っぷりというか、余計な御世話というか。それを聞いて
「るっせえなあ 指なんか言われなくても気ィ付けるっつの。ちっとは信用しろよな。阿部って三橋をホントのバカだと思ってっことが ムカツクよ・・・・まぁバカだけど」泉
と泉が、思ってるとことが印象的でした。そうだよね。それくらい気を付けるよ。
でも、ちょっと嬉しかったです。「あ、三橋 認められてる!」と思って(笑)
同じクラスだから、仲良いのな。
まあ三橋も抜けてるのは本当だから、阿部の気持ちも分からなくもないですが。

次も楽しみ。
関連記事
スポンサーサイト



【編集】 |  22:44 |  マンガ  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME |