FC2ブログ

マンガ 遙かなる時空の中で 16巻 感想

2009.07.03 (Fri)
マンガ 遙かなる時空の中で 16巻 感想

崩壊した八葉との絆を取り戻すため、呪詛解除を目指すあかね!泰明の式神の助けでアクラムから逃げ延びるが、鬼の放った怨霊に襲われ頼久は重傷を負ってしまう!!鬼の洞窟であかねの命運は・・・!? 「遙か3」特別読み切りも同時収録、緊迫の第16巻登場。

式神が、怨霊になりかけるが、頼久が身を呈して取り押さえ、なんとか怨霊化を防ぐ。
神泉苑では、八葉も集まるが・・・。永泉が、呪詛の種は、神泉苑にあることに気付く。
あかねたちも、洞窟に呪詛の種がないことに気付くが、戻ることもできない。
アクラムが、すごい執念で、あかねを攫おうとするが、蘭の助力で、
シリンの中の黒龍の力を使って、空間をゆがめることにより、とりあえず脱出?



あかねは、アクラムのことを「弱い」といった。
しかし、頼久のことは「強いね」といった。そのことに、かなりアクラムは怒っていたので、
まるで やきもちを妬いているかのように見えました(笑)

八葉のみんなは、覚えてはいなくても、なんとなく心配しているようです。
友雅さんは、「どうでもいい」って感じですが、言い方が、らしくないというか・・・
ちょっと焦っているっていうか。そのあたりを、鷹通が代わりにフォローしてるのが♪
白虎は、仲良いな・・・と(笑)

永泉は、呪詛の種の場所を感じるし、泰明は、結界を張りなおしたりと・・・
使える子たちです☆
泰明は、自分自身、神泉苑にいながら、種の場所を感じ取れず、
神子をいかせてしまったことに、苛立っている。
「私が気づいていれば」永泉
「違うっ 私の失態だ」泰明

神泉苑が、水の関係なので、永泉の力が発揮されるのですね。
まあ、もともと永泉さんは、そういうのを感じ取れる方ですし。(いちお、お坊さんだもの)
「―― 助かった 礼を言う 永泉」泰明
」永泉

永泉さんが、超おどろいてた。唖然というか。
泰明、渾身のデレ(爆)

頼久が、カッコよすぎる!!
さっさと記憶思い出して、神子とラブラブ(死語?)になってしまえ(笑)

頼久の活躍は目覚ましいですが、泰明、鷹通ももっと♪
(1は、頭 かたーい3人が、特に好き)

「遙か3」のプリンの話は、本誌でも和みましたが、やっぱり癒されました。
白龍(小)が、かわいすぎる♪はちみつプリン、食べたいです。



次の17巻で、最終巻らしいです。さみしいな;(涙)
ということは・・・水野先生の次回作は、どうなるのでしょうね?
新作よりは、遙かシリーズを続けてほしいのです。
どうか「遙か4」でやってくれー!!(切実)
「遙か3」でもいいけれど、これは、たくさんEDがありすぎて、どれに持っていくか
分からないので; (4なら、とりあえず風早EDくらいなら妥当だと思うので)
どうか、この希望が実現してくれますように。

ともかく、まず「遙か」のラストが楽しみです。

ブログ拍手ありがとうございます♪励みになります。
関連記事
スポンサーサイト



【編集】 |  21:45 |  遙かなる時空の中で  | トラックバック(1) | コメント(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
遥かなる時空の中で3 with 十六夜記の最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「遥かなる時空の中で3 with 十六夜記」へ!
2009/07/11(土) 03:23:48 | 遥かなる時空の中で3 with 十六夜記
 | HOME |