FC2ブログ

夏目友人帳 8巻 感想

2009.07.03 (Fri)
夏目友人帳 8巻 感想

ある日、鏡の欠片のようなものが目に入ってしまった夏目。そんな夏目をかばった田沼に妖が取り憑いてしまう事に。その妖は割れた鏡集めに協力すれば、身体から出るという。鏡探しを決意する夏目達だが、他に鏡を狙う影が!?

田沼と夏目が、さらに仲良くなった感じ。
夏目は、心配させまいと、多くは語らない。田沼も深く聞くことはなかったみたいだけど。
今回、自分に憑かれたことにより、妖の眼を借りて、夏目の瞳に映る世界を実感したり、
苦労を知ったり・・・いろいろ理解が深まったんではないでしょうか。
「言わないと わからない」

藤原夫妻との出会い。ちょうど、LALAで「遙か3」読み切りがあった号の話だったので、
読んでます。こういう流れで、あの話だったのか。
最後に、夏目が泣くところでは、こちらもウルっときました。
やっと「帰りたいと思う場所」を見つけることができました。
関連記事
スポンサーサイト



【編集】 |  22:09 |  マンガ  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME |