スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

LaLaDX 1月号 (2010年) 遙かなる時空の中で 最終話

2009.12.10 (Thu)
今まで、LaLaDXを買ったことはなかったんですけど・・・
遙かが、最終話だったので、ちょっと買ってみました♪

以下ネタバレ。

【More・・・】

・・・まぁ当然ですけど、頼久ですよね♪
他に何があるんだ!ってなりますよね。

天真に悪いとか思ってる頼久に、天真本人が、
自分の気持ちを抑える必要はないよー的なことを言って、
「神子殿を誰にも奪われたくない!」宣言を、
天真にする頼久。本人に言えよ、と天真のツッコミ(笑)
なんか、ずれてる(特に頼久)青龍コンビがいいね。

イノリもあかねが好きだったことを、詩紋に告げる。明るくね!
別に暗い感じゃなくて、「なんだ、そうだったんだ~」ってノリで。
朱雀コンビも可愛いわ。
2人のそばにいたイクティダールも「神子はセリ似ていからな」なんて言うもんだから、
ちびっこ2人に
「何このロリコンのおっさん;あぶなっ!」
という白い目で見られる(笑)

鷹通さん。すごく切なそう。
「何も行動できなかった自分が悪いのです。想いを告げても困らせるだけ」とあきらめモード。
友雅さんが、「ならば、私が」と、若干おふざけ☆(気持ちは嘘ではないだろうけど)
それで、ちょっと元気でたんじゃないのかな(笑)
大人な百虎コンビが好きだわ。

始終、しょんぼりモードの泰明。(全部のコマ、表情がすごく可愛いかった!!)
永泉も、心配してます。そして、顔のまじないを残していたために、
記憶が、誰よりも いち早く戻っていたことがばれる。

「どうして、言ってくれなかったんですか?」あかね
顔を背ける泰明。
「・・・神子に心配して欲しかったのだ(ポソ)」泰明
小さく言った、ちょっと拗ね気味?の囁きを永泉だけが聞き取れて、
「や、泰明殿にも、いろいろ事情がおありに・・・」永泉
と、フォローを入れて、あたふた・・・(笑)
どんどん、中身が幼くなってく泰明にキュンっとなった。
玄武ー!遙か1は、やっぱり玄武が一番好きです。(キャラ総合だと鷹通も上位だけど)

悪あがき?というか、アクラムとか黒龍とかも、いろいろ・・・(端折ります)
でも、あかねのモノローグの中に
「いつまでも 続いてく あの空 輝いて」
というのが、あってよかったです。(アニメEDの出だし)

あかねと天真は、現代に戻り、詩紋は平安に残りセフルと共にいました。
蘭も現代に戻ってきて学校に通ってます。
龍神の力によって、蘭の行方不明騒動がなかったことになり、天真の留年もないことに。

いなかったはずの人間には、過去の改ざんという、太っ腹な龍神様☆
(いつも、遙か3やってるときも、譲と将臣以外の現代ENDは、
戸籍どうするんだろう?とか、医療保険入ってないからとか医療費全額負担なのかな?とか、
ゲームの上では、どうでもいいことばっかり考えてたので。)

そして、神子とともに現代にきた頼久も不便なく暮らしてるわけで。
なんだろ?大学にも行ったことにでもなってるのかな?(笑)

「あかね」頼久
と、呼ぶ頼久も良かったです。
髪も、現代風に後ろ髪を切って短髪に。カッコいい。前髪は相変わらず長くて真ん中分ですけど。
薄桜鬼の土方さんみたいな・・・(中の人が同じだけに)

はぁ、ついに終わりましたね。長かった。でもさみしい。
できれば水野先生には他のシリーズも書いてほしいんですけどねー。特に遙か4!(個人的に見たい)

同時に連載していた、カネチクヂュンコ先生の、遙か4コマも終了です。
でも!!なんと、LaLaSpecialで、遙か4コマが始まるらしいです。
読み切りではなくて「始まる」とあるので、気になりますね。

ブログ拍手ありがとうございます♪励みになります!
関連記事
スポンサーサイト
【編集】 |  13:52 |  マンガ  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。