FC2ブログ

BELACH 第250話「その男・朽木家ゆえに・・・」 感想

2009.12.15 (Tue)
朽木響河(CV:千葉一伸さん)は、朽木家に婿入りした死神だったみたいです。

朽木家が過去の反乱に、いちおう関与していたから、
朽木家現当主として白哉は単独で動こうと思ったのかな?

過去では・・・村正の力もあって、かなりの功績をあげている響河。
しかし、朽木銀嶺は、「強き力を持つ者には、心の強さも必要。お前にはそれがない」と
響河の力を認めようとしません。
まあ、それは響河の成長を待っているという、銀嶺の愛情の裏返し?だったのかもしれませんけど。
朽木家の人の愛情とかって、分かりづらいわ;(白哉もルキアに対して、最初すごく冷たいし)

「どんなに頑張っても、銀嶺殿が認めてくれないんだよぉ;」響河
「だいじょうぶだよぉっ!響河は、強くって、美しいんだから、元気出してよ!!」村正

と励ましてもらってます。(笑)(かなり脚色してお送りしております☆)
主との仲は良かったのね・・・そりゃそうか!自分ひとりで反乱おこしちゃうくらいだもの♪

頑張って反乱分子の排除に励む日々・・・。
しかし、その村正の力を恐れた他の権力者の陰謀で、響河は落としいれ投獄されてしまう。

牢の中の響河のもとへ現れる村正。
「響河が呼んでくれれば、どこでも行くよ☆だって、私はお前の斬魂刀だもん!」村正
(かなり脚色しt…略)

やっぱり、村正ってかなり、主大好きvですよね。だんだん可愛く思えてきた。
かなり「主Loveランキング」(?)上位だと思いますね!!一位は、氷輪丸で(笑)

「・・・我らの力ですべてを変えてしまえばいいではないか」村正
ということで、2人で反乱!逃亡ランデブーです。

というのが、過去話で。
封印解放されてしまった響河。長年の封印にも関わらず、霊圧が衰えることはなく。

嬉しそうな(?)村正。
しかし!
響河は、その村正の腹を刺して・・・・

つづく!(気になる!!!)

一人で、反乱起こして主を追ってきたのに、刺されちゃうなんて、
敵ながら、村正がかわいそうに思えてきました。彼だけは響河を裏切ることなく頑張ってきたのに。

そして、主大好きな感じが、かわいくて仕方なくなってきたv
(氷輪丸もそうですが、なんか、こういう子が可愛いと思えてしまう!)

死神大図鑑では、
石田が、「武器が意思を持つなんておかしい」とか言ってる。

一護の声色で、「雨竜!雨竜!銀嶺弧雀だー」って感じで言うと、
嬉しそうに「本当か!」なんて言っていたので、
本当は、斬魂刀と心通わせる死神が羨ましかった様子(笑)
意外とファンシーなことが好きそう。
関連記事
スポンサーサイト



【編集】 |  19:09 |  アニメ  | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

コメント

v-238私もすきです。かなり好きです。村正かなりすきです。声なかむらさんですよね。v-238
ざくろ |  2009.12.21(月) 16:32 | URL | 【コメント編集】
■Re: タイトルなし
こんにちは、コメントありがとうございます。中村さんの声もとても合ってますよね♪斬魂刀異聞篇も佳境に入ってますし、毎週楽しみです。
那智 |  2009.12.22(火) 19:16 | URL | 【コメント編集】
コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME |