スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

アニメ 戦国BASARA弐 第2話「失われた右目 斬り裂かれた竜の背中!」感想

2010.07.18 (Sun)
戦国BASARA弐 第2話「失われた右目 斬り裂かれた竜の背中!」感想


・・・半兵衛さんが、小十郎さんを拉致しました。

「これは正当な評価だよ」半兵衛
小十郎の評価がめちゃくちゃ高いのは分かりますが。
それほどまでに良い人材を集めたいのか。
「それほどに、君を欲しているということなんだけどな」半兵衛
人質をとり、数を揃える。汚い手だぜ、半兵衛さんよぉ!(笑)

残された小十郎の刀が・・・(涙)

時間がないと見苦しくなる・・・え、身体のことですか(汗)


かすが。お料理も上手なのね♪
「食することが躊躇われるほどの・・・美味」謙信
相変わらずの、おふたりさん。慶次の前でもお構いなしですか☆

元就よりも半兵衛の方が、策士として上手なのか?
毛利は豊臣に付く。
よって、豊臣は長宗我部を攻める。慶次にとっては辛い。
さらに、前田が上杉に迫っているということで、さらに慶次は辛い。


潜伏侵略によって、奥州伊達軍は大変ですね。
政宗さん・・・すごすぎる。一騎当千っていうか、一騎当万ですね(笑)
小十郎がいない中で、戦っていましたが・・・
さらに半兵衛が兵を率いてきたことにより戦況は不利。

小十郎ならば、さらに良い策を立てただろうと・・・半兵衛。
政宗の背中に斬りつけます。背中を守る小十郎がいないから。
なんか「背中の傷は、剣士の恥だ」的な?声も一緒だし(笑)

それでも粘る政宗に、半兵衛は一時撤退。
しかし、伊達軍はひっ迫。・・・一回は、負けるかな;


その頃武田では。幸村が九州へ出発。
「可愛い子には旅をさせろ」的な感じなのでしょうかね。


そして豊臣軍。
「片倉小十郎を連れ帰ったそうだな。何のために?」秀吉
小十郎拉致は、半兵衛の独断みたいですね。
「我には貴様がいればよい」秀吉
さすが!信頼してるよね☆

「僕は、早く見たいんだ。君が統べるこの国の姿を」半兵衛
豊臣の・・・秀吉ためなら手段選ばないんですね。
(ゲームはちょっとしかやってないし、ほぼアニメしか知らないので)

それにしても、やっぱり秀吉デカイな。
肩に半兵衛のせられそうですよ☆“肩乗りはんべえ”だ・・・欲しいな!(ぇ)


次回 第3話「慶次 対 利家!手取川に咽ぶ ゆずれぬ想い!」
次回は、慶次がさらにつらそう;

さて、幸村も九州に向かいますが、その道中で何かあるだろうなーと(勝手に)思ってます。
楽しみだな。
関連記事
スポンサーサイト
【編集】 |  21:54 |  アニメ感想  | トラックバック(4) | コメント(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
マスクの素敵な(笑)竹中半兵衛。 片倉小十郎を豊臣軍に誘うが、小十郎が政宗を裏切るわけないですからね。 交渉不可と見ると小十郎を捕え...
2010/07/19(月) 01:01:20 | SERA@らくblog
戦国BASARA弐ですが、竹中半兵衛は人質をとるという姑息な手段で片倉小十郎を捕虜とします。右眼を失った伊達政宗は半兵衛にいいようにあしらわれます。奥州劣勢の情報は武田信玄にもとどきますが、この状況で信玄を真田幸村を薩摩へ遣わします。(以下に続きます)
2010/07/20(火) 23:37:13 | 一言居士!スペードのAの放埓手記
 半兵衛の潜伏侵略の手先となった裏切り者によって罪の無い領民を人質にとられてしまった小十郎。半兵衛は言葉を尽くして今までの小十郎の功績を称えて豊臣に来るように説得しますが、小十郎が説得されるわけもなく戦うことになります。  しかし領民の命を守りつつ半兵...
2010/07/21(水) 01:09:03 | たらればブログ
戦国BASARA弐 其の壱 [DVD]クチコミを見る 強大な軍を組織し、日本を手中に収めんとする豊臣軍。その破竹の侵攻に危惧を抱く者、また掲げる理想に追従する者・・・。豊臣秀吉の「覇道」が日ノ本全土を揺るがしていく。奥州においても、豊臣の潜伏戦略によって周辺国は不?...
2010/07/21(水) 13:39:09 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。