スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

アニメ 戦国BASARA弐 第3話「慶次 対 利家!手取川に咽ぶ ゆずれぬ想い!」感想

2010.07.27 (Tue)
アニメ 戦国BASARA弐 第3話「慶次 対 利家!手取川に咽ぶ ゆずれぬ想い!」感想

越後へ攻める前田軍。
それを何とか止めたい慶次は、利家の前に立つ。
が、その姿を確認しつつも無情にもそのまま通過していく利家。

この時の慶次の表情が(涙)
見てて、すごく切なかったです。

その前田軍を待ちうける謙信は、軍の大半を加賀へと向かわせていた。
加賀を守るため、戻ることを決めた利家。
さすが、謙信。戦わずして越後から前田を退けました。

戻った利家。そこには上杉軍が待ち受けている。
囲まれピンチに。ま、直江は利家にぶっ飛ばされてましたが(笑)
前田の危機に慶次が来たけれども・・・
決して味方というわけではない(涙)

秀吉の作る日本が、利家の望む日本ではないと、訴える慶次ですが。
利家も引かない。
2人とも戦いたくないはずなのに、戦ってます。
ぅう;
キャラが個性的すぎてネタ要素ばっかり見てしまいますが、
内容的には、シリアスなんですよね。思い出しました。(ぇ)
挿入歌の石川智晶さんの歌が、さらに切ない!

本気で打ち合い・・・倒れたのは利家。
水が流れてくる演出が良いなーと思います。

政宗も、何とか生き残った兵さんたち・・・
小十郎を連れ戻し、豊臣を討つため大坂へ、向かうことを決意しますが。

そこへ大きな(笑)人影が。秀吉自ら登場です。
何で?半兵衛が離れている間に、秀吉も行動を起こしてます。
来週は、政宗vs秀吉か。

幸村も、九州へ向かっています。
小山田さん・・・声が古谷さんだったんですね!
知らなかったのでビックリです。

そして、幸村が聴いた謎の声
・・・市ー!!!!!怖いよぅ!
どうせなら、長政も出ないかなー!(過去の思い出話とかでも良いので)
長政さま好きなので♪

次回 第4話「安土城の亡霊!?幸村を襲う嘆きと魔の咆哮!」
次回も全部、市のせい・・・

【More・・・】

TB送信先
http://seraraku2.blog59.fc2.com/tb.php/4713-451f23fa
http://meteor01.exblog.jp/tb/14264467
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/koubow20053/51588519
http://spadea.jugem.jp/trackback/7424 
関連記事
スポンサーサイト
【編集】 |  20:52 |  アニメ感想  | トラックバック(3) | コメント(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
竜の鱗ってのは剥がれないんだ、くたばるまでなっ――! 慶次の制止も虚しく、利家たちの軍勢は謙信の前に。 謙信は軍勢を加賀に向わせたと...
2010/07/27(火) 23:06:32 | SERA@らくblog
戦国BASARA弐ですが、前田利家とまつは上杉謙信に戦いを挑みます。軍神・謙信は少ない手勢で前田軍を迎えますが、本体は加賀に向かっています。前田慶次は何とか両者の激突を止めようと奔走しますが、利家と一騎打ちすることになります。 伊達政宗は何とか奥州奪還...
2010/07/27(火) 23:47:26 | 一言居士!スペードのAの放埓手記
 今回も観ていて辛い展開でした。  上杉の領地に進軍する前田軍。それを話し合いで止めようとする慶次でしたが、利家は立ちはだかる慶次を前にしても止まることなく進軍を続けたのでした。利家の決意の固さを実感することになった慶次はかすがが旅に出るように勧めて...
2010/07/28(水) 01:00:13 | たらればブログ
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。