スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

アニメ 戦国BASARA弐「誓願の刻印!独眼竜対軍神 人取橋の対峙!」感想

2010.08.08 (Sun)
筆頭!!!!!
やばい、筆頭がカッコよかったです。
普段、友人とか仲間内で「ぱーりぃ」って呼んでいてごめんなさい!(ぇ)

アニメ 戦国BASARA弐「誓願の刻印!独眼竜対軍神 人取橋の対峙!」感想

【More・・・】

戦場で、六爪のうち一振りを、どうしても見つけられなかった政宗。
収める刀のない鞘が、なんとも切ない!!!

そして、その鞘に納めるのは、小十郎が残していった刀。
小十郎の銘?が、また・・・(涙)

過去の話。
無理な戦を決行し、右腕を怪我してしまった政宗。
その責は、自分にあると小十郎が切腹しようする。
それを止めた政宗。
そして、怪我をした右腕で小十郎をぶん殴ります!
・・・小十郎にとっては、何よりも重い拳だと思います。
このシーンの政宗が、すごくカッコよかったです!!!

右目を失った自分にとって、右目は小十郎。
そして、もし右腕を失ったとしたなら、右腕は小十郎!
「右腕にもなりやがれ!」
やばいっすね!これ惚れるわ!!

今に戻り。大阪へ向かう政宗・・・。
行く手に上杉軍が待ち構える。

そのころ小十郎は・・・
半兵衛が持ち帰ったのは、政宗の六爪のうちの一振り。
「もう主はいない」
半兵衛の心理作戦に引っ掛かってはダメだよ、小十郎!

それにしても巧いな、半兵衛よ。
いかにも、政宗は死んでしまったかのように伝えるんですからね。
そのために一振り持ってきたんでしょ?

慶次も、なんとか戦を止めたいのに。
秀吉にもその声は届かず・・・

幸村も、九州へ向かう途中。戦のために、男手がなくなってしまった
村々を見て、戦いの悲しさとかを知って・・・
御屋形様は、こういうことを知ってほしくて幸村に行かせたのかな?

次回 第6話「脅威の豊臣・毛利同盟!海原を裂く覇の豪挙!!」
さてさて。四国では戦が始まってますね!
アニキ、かっこいいなー!毛利も出てきて嬉しい♪

TB送信
http://meteor01.exblog.jp/tb/14357605
http://seraraku2.blog59.fc2.com/tb.php/4756-0923d70d
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/koubow20053/51594645
関連記事
スポンサーサイト
【編集】 |  23:57 |  アニメ感想  | トラックバック(4) | コメント(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
戦国BASARA弐ですが、奥州統一にさいして諫死で切腹しようとする片倉小十郎を伊達政宗がとめます。豊臣秀吉は毛利と手を組んで本格的に四国攻めをはじめますが、前田慶次が秀吉に会おうとします。竹中半兵衛は世界に目を向けている秀吉と風来坊の慶次では格が違うと...
2010/08/09(月) 00:18:04 | 一言居士!スペードのAの放埓手記
 苦い凱旋に政宗はかつて奥州を納めた時の人取橋での熾烈を極めた戦いを思い出していました。その時は小十郎が切腹の準備をして政宗を待っていましたが、今度は小十郎が居ません。政宗は休息のそこそこに大阪に向けて出陣しました。  政宗の愛刀の「六爪」のうちの1...
2010/08/09(月) 01:07:14 | たらればブログ
お待ちかねのパーリィだ――! 奥州を統べた際の、小十郎と筆頭の回想シーン。 政宗に傷を負わせたことで切腹しようとした小十郎。 その刀...
2010/08/09(月) 09:36:30 | SERA@らくblog
「お前には敵わねぇ、そういうこったな」 小十郎との過去を思い出す筆頭…! そして、ついに秀吉の軍勢が出陣、瀬戸内でも戦いが始まったー! ...
2010/08/09(月) 21:59:20 | WONDER TIME
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。