スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

LaLaDX 2010年9月号 感想

2010.08.10 (Tue)
LaLaDX 2010年9月号 感想

遙かのCDが欲しくて買いました・・・。
今回の-光 HIKARI-
CDの収録内容は、
・2001年LaLa全サ
・2002年LaLa全サ
です。9年前の、石田さん始め皆さんの声が聴けるわけですね!
この当時からのファンの方なら持ってるかもしれないけど、
私は、その当時は、オタクですらなかったからなー!(ぇ)
オタクに目覚めた?のは、その数年後。
乙女ゲーに目覚めたのは、そこからさらに数年後。
さすが10周年ですね!歴史が長いよ。

でも、この記事は漫画の感想です。

やっぱり、LaLaDXでは、
個人的には「赤髪の白雪姫」と「帝の至宝」が大好きです♪

例のごとく(?)ネタバレです。
「八潮と三雲」「帝の至宝」の感想が長めです。

【More・・・】

【ケダモノ進化論】田中メカ
●昨年の大会時には肩を壊し、今年はピッチャー返しで脳しんとう。
「悲劇のプリンス」などと言われる野球部の虎谷は、元気で明るい少年。
そんな虎谷君に告白された良子は・・・。

面白かったです。
元気がいいお調子者の虎谷君が、野球のことで、
気持ちが落ちる所・泣きそうな表情がかなり良かったです。

「ドキドキしてるから『好き』ってことだろ!」
っていうのが、単純だけど、グっときますね。

【八潮と三雲】草川為
●強いお酒「またたび酒」の瓶を割ってしまい、その香りで酔っぱらう八潮。
酔っぱらった八潮は、小さな子供のようになってしまった。
今回は、まったく戦力にならない八潮であったが・・・

やばい!八潮さん可愛すぎるよ!!
幼児化しても、眉間にシワは寄ったままなのが、より可愛い。
「あーんしろ」八潮
って、三雲に煮干しを食べさえてくれる!
一色さんにも「あーんしろ」してた!
次のページには、一色さんの口には大量の煮干しが!
「しつこい!」一色
と叱られると、
ひゃうっ うう・・・こわい 怒られた 三雲三雲」八潮
と、三雲の後ろに隠れたり・・・
幼児八潮は、ビックリすると“ひゃうっ”って言うのね!かーわーいーいー!!(笑)

戦力にならない八潮に代わりに一色さんが同行することに。
「俺を置いていくな 寂しいだろ」八潮
すげー素直で可愛いですな!

一色さんに対する三雲の心配度合いがすごかった!
そうだよね!なんといっても残りライフが1つだからね!
“一”色ですからね!もうご老体をいたわる勢いでした(笑)
でも、喧嘩がめちゃくちゃ強かったです。デスクワーク派の外見しやがって、だまされたぞ!

【八葉パラダイス】カネチクジュンコ
リズ先生が、ラジオ体操 皆勤賞目指してた!
九郎も見習ってた!この師弟好きだー♪

【恋だの愛だの】辻田りり子
●放送部との同盟をどうするのか。
マラソン大会では、椿君についてくる城蘭聖。

マラソン大会後に、椿君がかのこに膝枕してもらってるのが、良い!
椿君が若干照れると、
「顔が赤い・・・やっぱり疲れるのね」って、かのこ。
かのこは、何も伝わっていないようでした(涙)

【金色のコルダ3】呉由姫
●オケ部に、やってきた火原と桐也。

どうやら、柚木たちと会う約束があって、その待ち合わせ時間まで、
学院に顔を見せにきてたみたいです。
火原は、待ち合わせ時間を「14時」と「4時」を勘違いしていたらしく、
14時すぎに、柚木からの電話にあわててました。

「ごごごごめん、衛藤くん!時間 間違えてた!」火原
「・・・勘弁してくださいよ 和樹さん ったく」桐也

火原先輩は、火原先生になっても相変わらずだった。
ぜんぜん変わってないね、火原先輩。生徒とも友達みたいに話してたし♪良い先生だね。

【赤髪の白雪姫】あきづき空太
●ついに、タンバルンに旅発つことになった白雪。同行者はオビ。
そして、ラジ王子と再会。

ドレスアップした白雪。とってもかわいい!そして、オビからもらった簪も差してる!

オビの側近ぷり!口調も丁寧で素敵だったわ!
ラジ王子も。公的な場では、完璧な王子様だったけど・・・
やっぱりヘタレだった!!どこか憎めないよね!(笑)
動揺するこのヘタレをよそに、淡々と話を進めていくラジ王子の側近の方・・・良いキャラだ!

【プレゼントは真珠】斎藤けん
●デートで贈り物をしたいエドワード。
演出によるシチュエーションで、かっこいいセリフを練習中!
いざ本番。計画通りにデートを!のつもりが、真珠に村の祭りに拉致られる。

村娘の格好も可愛かったです、真珠。
プレゼントを渡すシチュはだいぶ変わってしまったけど、
練習していた台詞を一生懸命言ったエドワードが、
ボロボロだったけど、すごくカッコよかった。こっちの方が素敵だ。

【帝の至宝】仲野えみこ
●村の祭で、「天女の舞」を踊ることになった香蘭と吏元。
その練習で、香蘭は、しばらく志季の元を訪れることができない。
そして、吏元の様子も少しおかしくて・・・

練習でしばらく会えないって言われた時の
「・・・え? ・・・なんで?どれくらい?次はいつ来れるの?」志季
が可愛かった。側近2人の陛下を温かく見守る感じが良かったです。

練習中だった香蘭のもとへ、わざわざ志季が訪ねて来てくれました。
その時、吏元との話。
「陛下は、香蘭のことをどう思っていますか?だって、あいつは陛下のこと好きでしょう?」吏元
「私も香蘭が好きだよ」志季

そう意味の好きじゃなーい!!
「もっと・・・例えば妃にしようとか そういうのはないんですか?」吏元

「大切な友人を 側にいてほしいという理由だけで 妃にしてしまいたくはないんだよ」志季
「じゃ、じゃあ! 香蘭が誰かのものになっても 怒ったりしませんか!?」吏元
「・・・・・・香蘭は 誰のものでもないよ」志季
「でも!これから先のことは分からないし・・・」吏元

そこで話は終わったけど・・・志季の自覚のなさ!!(笑)

練習中 足を怪我をしてしまったのに、「志季が見に来てくれるから!」
と、無理をして舞台に臨む香蘭。
しかし、舞台上から客席を見ても志季の姿が見えない。
踊りながら涙目になる香蘭だったが、なんとか本番を終える。
うぅ、切ない。

「みんな聞いてくれ! 今日 俺はここで 香蘭に結婚を申し込む!」吏元
そのまま舞台上で、プロポーズしてしまう吏元
「陛下は お前を妻にはしないってよ・・・」吏元
「・・・そんなこと 知ってるよ ちゃんと」香蘭

身分が違うから。うわ、泣きそう!(涙)

「空気を読むだけだから」と、ノリのままに
「は ハイ よろこんで!」香蘭
と、公衆の前で プロポーズにOKしてしまった香蘭。
この出来事に「志季がいなくてよかった」と思いながら歩いていると、
痛めた足のせいで、バランスを崩し、舞台から落ちてしまう。
それをキャッチしたのは・・・志季だった。

志季は、遅れてきたらしいけど・・・いつから聞いていたのかな?
プロポーズの場面まで聞いていたら切ないよ

香蘭と話をしている時に、吏元の「これから先はわからない」
という言葉を思い出し“ずきん”としている志季。
無自覚が!
この無自覚が!(強調したいので、2回言いました)

これからも楽しみです。

【とうがらし一味】江咲桃恵
●“私もです”というネタで。
乙女ゲーの話をしてる主人公。「聖の強気でクールなところがいいんだよね」
とキャラ萌えトーク。
それを聞いた友人は、「似た性格の子いるけど、会ってみる?」
や いいわ
リアルは イヤ

激しく同意!!
まさしく「私もです」と言いたい!
キャラの好みと、リアルの好みは違うよね!

キャラで、ドS眼鏡とか俺様とか、よくあるけど、
実際に友人とか周りにいたら、面倒くさいこと この上ないだろう!!
リアルに俺様っぽい人とかいたら、正直怖いもん!(ぇ)

【うちのポチの言うことには】橘裕
隼兄さんも、意外と可愛い所があって良かったです。
先祖の血がより強い、隼兄さんは、他の兄弟よりも、
花織により惹かれてしまうので、あえて近づかないで守る。

かっこいいっす!そして、ぬいぐるみをあげようとしてるのが可愛いっす!

【ウチで、お茶でも。】月崗ヤスコ
三男が素敵です。

【桃山キョーダイ】ふじつか雪
梅田くんも加わって、三角関係になればいいのに♪

読み切りは、
【とらわれボイス】
【エレオノーラの微笑み】
【樹音を繋いで】

が、個人的に特に好きですねー。いえ、他も面白かったんですけどね!



次号も、ドラマCD目当てで買うつもりでいるので、漫画も読めるんで楽しみ♪
関連記事
スポンサーサイト
【編集】 |  23:16 |  マンガ  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。