スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

帝の至宝 2巻 感想

2010.09.03 (Fri)
帝の至宝 2巻 仲野えみこ

待ってましたー♪
(ネタバレ)感想です。

【More・・・】

●志季のお見合い話。

円夏どの・・・。陛下は幼女趣味ではないと思います(笑)
香蘭と仲が良いからって、そういう娘を妃候補に集めなくてもいいのに。

どんな女性でも「素敵だよね~」みたいな感じで流す志季は、
許容範囲が広いと言えば広いけど、実はどうでもいいってことに。
来るもの拒まず、去るもの追わず!

「一度くらいは 誰かを追う陛下を見てみたいものですよ!」円夏

夸白たちの付き人として、お見合いに潜入した香蘭。
「お嫁さんなんて もらわないで」香蘭
志季に会って、やっぱり悲しくなって逃げて行ってしまう香蘭。

さて!それを見た志季は、お見合いを放って、香蘭を追います!
香蘭を追います!!(大切なので、2回言いました)
円夏さん、しかと見なさい!(笑)
ま、恋焦がれてではないけどね・・・まだ!(まだ?)

志季が、香蘭が泣くのは嫌だといって、なんとか仲直り。
「もしかして泣いていたのは 私が妃をとると思ったから?・・・なんてね」志季
・・・なんてね☆ じゃねえよ!!(☆はついてないです)
本当に天然ですか!?これは、小悪魔的発言だと思いますよー(笑)

●学試を受けることに。
泳いだり、魚捕ったり、なかなか体育会系な試験でした。

泳ぐとき。水着っていうか、露出度高いよ、香蘭!
香蘭のあまりの漢前っぷりに、受験生の男の人に「やるな!」的に肩を叩かれたりちゃって。
その様子を、帝として見学していた志季も見るわけですが・・・
なんとなく面白くなさそうな感じの志季でした♪
他意はないにしても、香蘭が他の男性に触れられるのが嫌なのね。
無自覚の「ずきん」が始まる直前ですかな?(笑)

●香蘭と志季、吏元と叔豹で、吏元の入学準備の買い物へ。
香蘭が、志季との世界の違いを実感して落ち込んだりするけど、
平民の世界を見ている志季も同じように感じているのか、その辺が切なかったです。

志季を怒らせると、怖いです。

●おまけ
「学園 帝の至宝」
が良かったです。みんな制服似合ってる☆
円夏どのが、若干 出遅れ(笑)


さて、志季が、自覚したらどうなっていくのか、すごく楽しみです♪


ブログ拍手ありがとうございます!すごく励みになります。
関連記事
スポンサーサイト
【編集】 |  23:45 |  マンガ  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。