スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

「暁のヨナ」草凪みずほ 第3巻 感想

2010.09.17 (Fri)
「暁のヨナ」草凪みずほ 第3巻 感想

待ってました♪コミックス派なので、楽しみで楽しみで!

表紙は、スウォンとヨナですが、
本編には、スウォン出てきません;(苦笑)

やっぱり、夢幻・ゲームラッシュ・よいこ・NGライフ
と、実は 草凪さんのは全部読んでるんですけど、
「暁のヨナ」が一番好きかも知れない♪

ネタバレです。

【More・・・】



神官のイクス様は、ほんわかした天然ボケのお人好し。そして33歳(笑)
こういうキャラ好きです♪
その分、付き人のユンが、しっかり者ですね。口が悪いけど、
医術から裁縫、料理、散髪まで何でも器用にこなせるし、本当は優しい子です。
自称「天才美少年」! たしかに美少年だけども(笑)
イクスのことが、本当に大切なんだなって分かります。

そこに匿われたヨナたち。ハクはやっと意識を取り戻しました。
「死んじゃうかと思った・・・っ 勝手に 行かないで ハクだけは そばにいなきゃダメ」ヨナ
ボロ泣きするヨナ・・・。

「いっぺん死んで あんたが どんだけ泣くのか すげぇ 見たい・・・」ハク
大泣きするヨナの顔に“結構キた”(笑)ハクは、キスしようとしますが・・・
なぜか、頭突きに!
ヨナは、熱を計ると思ったらしく、頭を突き出したという・・・
天然ボケ!!可愛いなー、もうっ(笑)

イクスの聞いた神からのお告げ?によると、このままでは、ハクはヨナを守って死んでしまうという。
その運命を変えるために、「四龍の戦士」の力を借りる必要があると言われる。

はい!「四龍の戦士」!!
ざっくり言いますと、建国神話。(細かい所は漫画読んでね)

緋龍が人となり王になる。それが初代国王。

緋龍を大切に思う 青・緑・黄・白の四体の龍がいた。
かれらは緋龍に戻るように言う。しかし、緋龍は、龍に戻りたがらなかった。

だから、緋龍王を助けるために、四龍は、4人の人間に、龍神の力を分け与えた。
その力で、緋龍王を助け、支えるように。

国の混乱を鎮め、戦い疲れた緋龍王は、眠りに着く。
役目を終えた「四龍の戦士」は、それぞれいずこかへ消えた。


はい、ざっくりでした。
とりあえず、王って、神様の子孫とか神の化身とか、
そういう神話性を持たせるのが普通なんでしょうかね。
日本も、玉依姫の子が神武天皇ですよね・・・。
・・・話がそれました。

その、四龍の戦士の血を引く者が、今もいるということで、
それを探しに行き、力を貸してもらえるように頼みにいくことに。

その旅に、ユンも連れて行ってもらえるように頼むイクス。
ユンはずっとイクスの傍にいたかったみたいですけど、
外の世界も見てみたいということで、旅に同行。

ユンとイクス 2人のお別れのシーンは、ちょっと泣けます。
過去話もちょっと泣けた!
イクスから、四龍の戦士の情報を聞いて、その地に向かうことになりました。


その道すがら、ヨナも強くなりたいと、弓を鍛錬することに。
ハクを守りたいというヨナに・・・
「・・・守るとか そういう事言うな」ハク
「どうして?」ヨナ
「・・・欲が出る」ハク
「・・・?」ヨナ
「―― とにかく守るのは 俺の仕事です 俺を道具だと思えって言ったでしょう 道具の心配はしなくていいんです」ハク

守る・・・それだけでいいはずなのに、欲が出ちゃうんですね。


そして登場!白龍・キジャ。
周りが過保護?で、里の民に慕われている良い主さんです。20歳。若い。
20歳ってことで年齢的に、婆やに「そろそろ奥方でも!・・・そして、御世継ぎを!」
って言われていて、面白かったです。

ずっと血を繋げていかなければならない。そして、キジャは
「この龍の力を必要としている主に会いたい」と思っているようです。

そして、ヨナ達が里へ。ワケもわからん曲者です。
キジュは、その曲者をぶっ倒そう?と思って、ヨナ達のところへ。
しかし、ヨナの姿を見た瞬間・・・

緋龍を主とし 命の限り これを守り これを愛し 決して裏切るな
キジャの右手に宿った龍の力が、血が、キジャの魂に呼び掛ける。

その声で、全てを悟った(?)キジャ。
(ああ この御方が この御方こそが 求め続けた 我が主)キジャ

かなり無条件で、ヨナを崇拝?してくれそうなキジャ。
「お待ちしておりました 我が主よ」キジャ
ヨナは、髪は紅いが、自分は緋龍王の血筋ではないと言ってますけど・・・
キジャに宿る白龍さんが、そう言ってんだから、ヨナが緋龍なんでしょうね♪

白銀の髪に白い肌・・・かなり綺麗!イケメンですよ、キジャさんは(笑)
「あなたキレイね・・・」ヨナ
「はっ とんでもありません ヨナ様の方が神々しいお姿で」キジャ

かなり白龍フィルター(?)掛かってるみたいです。可愛いです、キジャさん!
キジャには、ヨナがキラキラしているみたいです。

「最初にあなたの力を借りたい いいかしら?」ヨナ
「光栄の極みにございます。あなたが 誰であろうと、どんな目的があろうと 私は 今から あなたの龍です」キジャ


しかも、ヨナが王族とか知らないままに、血のお告げで「ヨナ万歳!」モードのキジャです。
そのため、ヨナを守るのは、自分一人でいい!
ということで・・・当然 ハクとは、仲悪いよね☆(笑)

「姫さん こいつはダメだ 他を当たろう」ハク
「そなたこそ去れ 姫様は私一人で十分だ!」キジャ
「温室育ちの坊ちゃんに 外の世界なんて ムリムリ」ハク
「姫様 なぜこのような粗暴な者が 護衛なのですか!?」キジャ


ハクが死なないように守ってほしいと、ヨナにお願いされるキジャ。
「何だ そういう事でしたか!この者が弱いから 私に救いを?」キジャ

「結構だ 白蛇ごときに守ってもらう程 落ちちゃいねえんで」ハク
「白蛇!?そなたっ神聖なる龍を 蛇だと!?」キジャ


キジャも、里の者総出で見送られます。本当に慕われてるのね。

「ねぇ白龍 あなたの名前は?白龍って名前ではないわよね 名前で呼んでも構わないかしら?」ヨナ
「名は・・・キジャ・・・とお呼びください」キジャ

この台詞を言う時の、キジャの笑顔も可愛らしいです。

次巻へ続く!


私の感想の書き方(台詞の拾い方)見れば分かると思いますけど・・・

キジャ好きです!!!!

今までスウォンが一番好きでしたけど、それ超えるかも!!
キジャのキャラ、すごく好みです♪
真面目で誠実そうだし、坊ちゃんならではの天然ボケとか期待します♪
「ヨナ様、命」って感じだし、そのことで、ハクと喧嘩ばっかりしそうな所も可愛い☆
白龍だけあって、銀髪っていう設定も良い!

さて・・・これからの別の「四龍」の登場が楽しみです。
キジャは、右手に龍の力が宿っているみたいですので、
たぶん 他の四龍も、身体の一部に、龍の力が宿ってるんでしょうね♪
例えば、目に力が宿ってる四龍は、眼帯してる・・・とか!(笑)

あとは、キジャは、無条件で力を貸してくれたけど、全員がそうとは限らないですしね。
どういうキャラ設定で登場してくるのか、すごく楽しみです。

ブログ拍手ありがとうございます♪励みになります。
関連記事
スポンサーサイト
【編集】 |  20:50 |  マンガ  | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

コメント

ユンとイクスが逆だと思います(>_<)
いの |  2010.09.20(月) 15:12 | URL | 【コメント編集】
■Re: タイトルなし
いのさま コメントありがとうございます。
今、記事読みなおしました。修正しました。
本当ですね。真面目に勘違いしていました;ご指摘ありがとうございます。
那智 |  2010.09.20(月) 18:04 | URL | 【コメント編集】
コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。