スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

薄桜鬼 碧血録 第15話「遠き面影」感想

2010.10.22 (Fri)
「それに、忘れるなよ。これからだって、俺たちは同じ空の下、どこかで一緒に戦ってるんだからな」
今回は、いろいろなお別れがあって、切なかったです。

横恋慕もあるし・・・(ぇ!)←乙女部話。

薄桜鬼 碧血録 第15話「遠き面影」感想

【More・・・】



●綱道の羅刹
昼間活動する羅刹。槍を奪われた原田。刀で応戦する。

シリアスな場面なのに「剣で戦う左之さん、新鮮!」
とか思ってて、すみません;

「なんで、あんたが!?」原田
雪村家再興のために。新たな鬼の時代の到来のために。

「羅刹が闊歩するようになったら日本はおわり」不知火
って言ってくれる不知火が好き!休戦して戦ってくれるのが良いです。
本当に、案外良い人なんでね(笑)

●千鶴を待ち構える薫
「やっと逢えたね、千鶴」薫
綱道と共に、鬼の世をつくるのだと。

「俺と千鶴の邪魔をする奴は容赦しないよ。それが、たとえ新選組の局長であろうともね」薫
千鶴を逃がそうとする近藤。鬼の力には敵わない。

「これで分かったろう?お前を守れるのは、俺だけだ。さぁ、一緒に行こう、千鶴」薫
それを拒否する千鶴。近藤を護ることを誓ったから。
「私、戦います!」千鶴
小太刀を持つ手が、震えています。本当は怖いのに・・・

「もう一度言う。千鶴、俺と一緒に行こう」薫
ヤンデレくさい薫も好きです。でも怖いけど。
「いっそ、いっそ俺の手で・・・」薫
そこへ沖田が、助太刀に!

●労咳は羅刹になっても
来ると思ってましたー!やっぱり、薫くん相手の戦闘は沖田だよね♪
昼間、羅刹でいることだけでも辛いのに・・・労咳が!
「ごほ・・・ごほごほ」沖田

「千鶴、観るがいい!弱者はこうして斬り捨てられるしかないんだよ」薫

刀を振り上げる薫。
「沖田さんっ!やめてぇええええ!!!」千鶴
駆け寄る千鶴。

・・・・・・ぇ。

焦ったー!!!!演出的に、本当に沖田が刺されたかと思いました!!
ぉおお、焦りました!!!
「鬼の誇りを忘れ、雪村の名を汚す真似は許さん」風間

「っ・・・ちづる・・・ちづ、る・・・ちづる、どうしてっどうして、お前だけ・・・」薫

幼き兄妹が一緒に遊ぶ光景が。
「・・・薫」千鶴
「・・・っ・・・」薫

事切れた薫。
薫も可哀想・・・でもアニメの展開はすごく良いと思います。
いちおう千鶴のことは想っているって感じだったし、わりと良い最期を迎えたのかなーと
思いました。どうしてお前だけ守られて・・・って羨ましいと思っていた感はありましたけど。

ただ、刺されて風間をみる時に、口からツーと血が流れても演出として
アリだったのにと、個人的に、ちょっとだけ思いました。

●約束は守る
「鬼の道を外れた者を斬らねばならない」と残して、返っていく風間。
その後を「時間が欲しい。父と話がしたい」と千鶴が風間に頼む。

「いいだろう、お前に少し時間をやろう」風間
「ありがとうございます」千鶴
「忘れるな。鬼は必ず約束を守る。貴様も鬼の誇りを持って果たせ」風間
「はい!」千鶴

誇り高き鬼は大好きです♪よかった。本当に悪いだけのままだったらどうしようかと・・・
アニメでも、私が大好きな感じの千景があって良かったです。
(実は、個人的に、斎藤の次に風間が好きなんで♪)

薫の埋葬をする近藤さんたち。これも良かったです。
兄だし、最期は弔ってあげたいですし。

●憎まれっ子 世に憚る
「集めりゃいいってもんでもねえだろう。無駄に死なせちゃっちゃー意味ねえだろ」新八
それもあるけど、訓練までしている余裕がないんですね・・・。

父の手がかり捜しも兼ねて、家に戻ったりしている千鶴。
原田がついてきてくれる。

そして、沖田の見舞いへ。お団子もって(笑)
咳き込む沖田
「そんなに心配しなくて大丈夫だよ。ほら、憎まれっ子 世に憚るっていうからね」沖田
「はい」千鶴
「はいって・・・そこは否定するところ」沖田
「ぁ、ごめんなさい」千鶴
「あっははははは」沖田&原田

笑わせてくれた、のかな?

帰り際
「新八さんにもよろしく」沖田
「・・・・おう」原田

その間が!!!気になる間で答える左之さん(涙)

●原田と新八
新選組を正式に離退することに。

やけ酒してる平助の後ろ姿が・・・(笑)
「自分が選んだわけでもねえ 殿さまに命懸けで尽くすっていうのは、どうしても性に合わねえ」永倉
斎藤にも声をかける新八
「俺にはここで まだ為すべきことがある」斎藤

「千鶴、護ってやりたかったが、途中で放り出すみたいで すまないな。そんな顔すんなよ。笑う角には・・・」原田
「笑えません!こんな時に」千鶴
「こんな時こそ笑えよ!大丈夫だ、お前のことは、“あの人”が護ってくれる」原田
「ぇ?」千鶴

顔が赤くなる千鶴。土方さんが護ってくれるってさ♪
「あっははははは」原田&永倉
その様子に笑う2人。

「それに、忘れるなよ。これからだって、俺たちは同じ空の下、どこかで一緒に戦ってるんだからな」原田
肩を組み合う左之さん、新八、千鶴。

「お二人とも、お元気で!」千鶴
「千鶴もな!」原田


次回 第16話「誠心は永遠に(せいしんはとわに)」


今週は、いろいろなお別れが多かったので、切なかったです。

●アニメ乙女部 「めざせ歴女~クイズ!新選組知ってるつもり?!~」
クイズは、
「薄桜鬼つけ麺三人衆ではなく!美男五人衆の一人、佐々木愛次郎の恋仲になった相手は?」
八百屋の娘、ラーメン屋の娘、お医者さんの娘、色町で働く芸者の娘

答えは、八百屋さんの娘
芹沢鴨に、横恋慕されたために、佐々木は逃げたそうです;

ちなみに。森久保さんは、中2の夏。
夏祭りの夜に、親友に横恋慕されたそうです・・・

それはそれは・・・(苦笑)


ブログ拍手ありがとうございます!励みになります。
関連記事
スポンサーサイト
【編集】 |  02:54 |  薄桜鬼  | トラックバック(1) | コメント(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
サノスケと、シラヌイは、昼間でも動ける羅刹に襲われる。コウドウさんの仕業だった。シラヌイがコウドウという。この羅刹隊がいればユキムラ家再興も夢ではないという。そして、近...
2011/02/18(金) 03:13:40 | ぺろぺろキャンディー
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。