スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

「戦国恋姫伝 偽りの婚約」菅沼理恵 石川沙絵 感想

2010.11.05 (Fri)
「戦国恋姫伝 偽り婚約」菅沼理恵 石川沙絵

すみません。実は、購入の動機に、那岐と藤姫
というヒーロー&ヒロインの名前に、某和風ファンタジー乙女ゲー(笑)
の影響が、強くあったりなかったりします☆←

ネタバレ?感想です。

【More・・・】



●ざっとまとめたあらすじ

戦国時代風の異世界の物語。
高原国の姫、望月藤子(藤姫)は、先の戦で負傷した嗣子である弟、
望月若桜(幼名:藤七郎)に代わって、姫将軍として、戦に出ていた。

藤姫は、水神・「蒼龍」という龍の神様の加護を受けており、
天を操り、雨を降らせたり、雷を落とすことができる通力を持っていた。
雷を操ることが口伝で広がり、他国の者たちには「鳴神姫」として恐れられていた。

藤七郎に代わり、敵対関係にある隣国・羽里国との戦の最中、
敵に本陣まで攻め入られてしまう。戦死を覚悟した藤姫だが、
敵の一人の武将に一騎打ちを申し込まれる。

一騎打ちの中、橋の上から、敵の武将とともに谷へと落ちてしまう。
蒼龍の加護からか、一命を取り留めた藤姫は、
一騎打ちの相手である武将・那岐に助けられてしまう。

戦に負けた高原国は、羽里国の支配下に入ることになる。
羽里国の領主・和泉家が出してきた要求は、捕虜にした望月の兵などを返す代わりに、
藤姫が和泉家の嗣子・和泉飛鷹へ嫁ぐことであった・・・



●キャラについて

ヒロインの藤姫は、可愛いし、性格も男勝りですが、良い子。

弟の藤七郎は、姉のことを慕っているし、争いを好まないのも好感持てます。

那岐は、口調とかは軽いし、着流しで戦場きたり型破りな感じだけど、
本当は頭の回転がすごく速くて切れ者。腕も立つ。
無駄な血を流すことは嫌だという考え方も良い。
そして、幼いころに出会った藤姫に惚れて以来、一筋!
「俺には、心に決めた女がいる」っていうのは素敵♪
つまり、想い続けてきた女性に、戦場で再会ってことですよね~(笑)
良かったねー、那岐☆

そして、透波(すっぱ)の迅!(二世の契りのおかげで用語の意味が分かるぞw)
幼いころから那岐の世話係だっただけに、主従関係なんだけど、友?っていうか、
ただ上と下ってだけじゃない信頼関係があってよかったです。
藤姫のことを「お嬢」って言うのが意外と好きです。

虎次郎さん。黒髪長髪の美人さんで敬語キャラって個人的にツボです。
でも、ごろつきには容赦ないところとか、怖いぜw怒らせると凄いことになりそう。
敬語キャラって、一人称は「私」ってイメージが強かったんですけど、
虎次郎は、「俺」でしたね。やっぱり親分だからかな?
彼は、那岐に命を救われたらしくて、那岐に恩があるみたい。

穂波。最初は、那岐命!の生真面目な可愛いワンコキャラだと思ってたのにな~;
幼いころに命懸けで那岐を助けに行くとかしてるしさ!
でも、我が君 大好きすぎるゆえに、理想が高すぎて狂っちゃったのね。
「藤姫は、大好きな我が君に相応しくないから、殺す!」って感じの・・・
もうこれはヤンデレじゃね?っていう;
「だって相応しくなくて邪魔だから!これも我が君のためなのに!」
っていう風に思いました。
真面目すぎたから、最後に何か狂っちゃったのかなーと思いました;

浅海さん。和泉家から、藤七郎の政の補佐?してる那岐名代で派遣された人。
ビジュアルは、挿絵にないから分からなかったんですけど、
年の割に童顔らしいし、キャラとしては意外と好きな感じでした。
何より、そもそも藤七郎が、私としては好きなキャラなんで、
それと仲良くできるキャラなら、まあいい人なんじゃないかなって思いました。


面白かったです。
異世界設定なので、実在じゃないから細かいことを気にする必要がないのが良いです。

これからの伏線?としては、
●元・許婚、紫苑国の河上雪政が、文のやり取りだけでも、藤姫のことが
好きになったみたいだということ。(本来なら許婚のことを好くのは良いことかなv)
●しかし、高原国が羽里国の配下に入ってしまったので、
その紫苑国とは、敵対関係になってしまったこと。
●海峡には紫苑国の水軍が存在していること。
●実権はなくなったけれども君臨する 天道主(皇族みたいなものかな?)はどうなるのか。

あたりがあるかなーと思います。
那岐の目標が、「この“春華の国”を統一し太平の世をつくること」なので、
まだまだ 隣国や天道主とのいざこざとか作れば、続きができそうな感じです。

そして、あくまで個人の感想です!個人の感想としては、
面白いと思いましたが、那岐と藤姫もラブラブになったことだし、
そこまで続きが気になっていないなーと感じてます。
あ、でも続き出れば、たぶん買いますよ♪

あとは、比べるのというワケでもないですが・・・
佐和山物語など戦国系?だと、何かしら神様の加護とかあるんですね~。
ま、異世界だから良いんですけどw
関連記事
スポンサーサイト
【編集】 |  02:49 |  ライトノベル  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。