スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

LaLaDX 2011年1月号 感想

2010.12.15 (Wed)
LaLaDX 2011年1月号 感想

「遙か」ドラマCD付録も今回で最後ですね・・・。
ポストカードも付録ありましたけど、
遙か漫画のトビラだったものと、5のパケ絵みたいです。
(開封してないんで;)

では、本編感想です。ネタバレです。

【More・・・】



【帝の至宝】仲野えみこ
自治市の山南市。そこは国境付近で、軍事と交通の要所。
隣国から寝返りを持ちかけられることもあるらしい。
よって、寝返ってないかどうか密偵として調査することに。
怪しまれないためには・・・子供なら油断するだろうと。

香蘭が、貴族の子供。
その家臣に志季、円夏、雨帖が変装して行くことに。

「香蘭様 おみ足は大丈夫でございますか?」志季
従者になりきる志季。
「・・・みたいな感じでいいのかな?下僕って」志季
「下僕じゃなくて家臣だよー!!なんで格下げしてるのっ」香蘭


食事の際に、バレそうになりながらも何とか事情を聞き出す香蘭。
守りを固めて戦で大きな利益を上げていない。内政は女子供を助けてばかりで、
国は何も動いていない。ただ沈むだけ・・・という市尉(自治市トップ)の本音を聞いた香蘭。
悔しい思いをするが、出せるわけもない。
うっかりお酒を飲んでしまった香蘭。酔っぱらってしまう。
「あの あらしは・・・今の帝になったらね・・・暮らしがすんごく楽になったんら!らから・・ちゃんと・・・」香蘭
そのまま志季にしがみついたまま離れなくなった香蘭。

「・・・困りましたね。お部屋までお運びいたしましょう」志季
困ったって言ってるけど、嬉しそう♪庇ってくれたんだもんw
運んでいる途中でも、志季には私がいるから大丈夫だと言う香蘭。

志季を追ってきた雨帖
「ああ こちらに いらし・・・」雨帖
志季が、とっても愛おしいそうな優しい眼差しで眠る香蘭を見つめているものだから、
なんとなく声をかけ損ねてしまった雨帖(笑)
このシーンが、この話で一番好きです♪

市尉が体調を崩した。医者の到着が遅れるということで、香蘭が薬を調合したり
看病した。それは平民でも通える学校があるから学べたのだと教える香蘭。
それを聞いた市尉は、考えを変えたのか寝返りしないで帝との謁見を求めてきましたとさ。

「私が道に迷った時はいつも あなたに恥じない道を選ぶようにしているつもりです 香蘭様。やはり私は あなたの忠実な下僕であるのかもしれませんね」志季

【赤髪の白雪姫】あきづき空太
引き続きタンバルンに滞在しているわけですが。

ラジ王子が!だんだん可愛いっていうか・・・
がんばれーって応援したくなってくるんですけど♪
「私は このタンバルンの王子が私で良かったと きみに言わせてやりたいのだ」ラジ
だから、一生懸命勉強するようになったのだと。
なにこれかわいい!!
白雪も笑顔で、次に来た時に、
城下の人たちが王子を誇らしく話しているのを楽しみにしている、と答えます。

ラジ王子の妹弟であるロナ王女とユジナ王子。
白雪がラジに良い影響を与えていることが分かってるので、くっつけようとしますが。
「あの人は だめですよ 姫君」オビ
と、ゼンがいるからね・・・という意味だったんだけど、
ロナ王女が、白雪とオビが想いあってると勘違いしたのが面白かったです。
ま、オビの方は、まんざら勘違いでもないかもですけどねーw
絶対、オビは白雪のこと好きですよね♪

そして、白雪に刺客が迫っていると知ったゼンは、
タンバルンへ行きたいとイザナに頼みますが・・・。
政治的に考えてそんなことを許すわけがないです。

「だからと言って 王子であるお前が行く必要はない」イザナ
「行きます。白雪は 私が妃に望む娘です」ゼン

さすがのイザナ様も、このゼンの言葉にはビックリしたみたい(笑)

イザナにまで面倒が及ぶようなことがあれば
あの娘を城に戻すことはないと、イザナは言いましたが・・・
「そこまで言うのなら行けばいい」イザナ
と許可を出してくれたよ♪自分で何とかしてみろってことですね。

【会長はメイド様】藤原ヒロ
イッくんの誕生日は、12月24日なのか!(笑)
クロタツと白やんが、ひっそり誕生日プレゼントを準備してくれてた
っていう話です。

あれよね。クロタツと白やんが、元から仲良いから、
たまに疎外感あるんだよね、イッくんは(笑)
でも、プレゼントが新しいペンタブっていうのが、
漫画家志望のイッくんの誕生日って感じでした。

【愛だの恋だの】辻田りり子
部室に2人きりなのに、まったくハルの方を見ないかのこ。
「少しは かまえよ」ハル
と、首筋にちゅーとか、かなりアピールしてるのに・・・

「吸血鬼ごっこに付き合ってる暇ないんだよっ」って。
なんか、ハルが可哀想になってきた!(涙)

【八潮と三雲】草川為
普通猫も、取り立て屋に協力することがある。
強力するために、条件付きで九生猫社会に来ることができる。

今回協力してくれるのは、すんげーイケメンの美猫(びねこw)の白。
「しー君!?」三雲
「三雲ちゃん!!」白

白は、三雲がノラ時代の時に一緒にいた弟分です。

「姉がお世話になってます」白
白は、すごく爽やかな笑顔なんですけど・・・
「名前のわりに ドス黒いオーラの弟だな」八雲
八雲さんに対して、何やら黒いオーラが☆

ノラ時代の思い出話に花を咲かせる2人。気にしてなさそーな八雲。
それが面白いです。たしかに八雲はいつも通りの態度なんだけどねw

「八潮さん 三雲ちゃんに気がないなら さっさと振ってよ」白
「おまえ 三雲大好きだな」八潮
「シスコンなんだよ 文句あっか」白


でも白は自分では、三雲には行かない。
「いつかそれで 三雲ちゃんがひとりになって泣くのは 僕は耐えられないからいい」白
九生猫は、寿命が長い。だから、普通猫の方が先に死ぬ。

「というか惚れててほしいのかほしくねえのか どっちなんだ」八雲
「複雑な弟心なんだよ」白

自分が三雲を幸せにはできないから、いい人(猫?)が、いればって思う。
けど、だからといって取られる気がしてそれは嫌だっていう複雑な感じですね♪

無事飼い猫になった白の様子を見に来た三雲。その帰りに八雲に
助けられたってことを 白は知っているとか、切ない!!
(運命的な出会い方してんじゃないぞ)白

【お月様にお願い】天乃忍
実は狼男の八神くん。
普段はおとなしいのに、覚醒時の好戦的な感じと犬ミミ(狼です!)
と尻尾が可愛いかったです♪

【八葉さんパラダイス】カネチクヂュンコ
マラソン大会です。

永泉の後ろをぴったり追走する泰明。
でも、永泉が振りかえると、泰明の姿が見えない!
テレ屋だw(違う!)というか、遙か1玄武天地いつも仲良し♪

望美に、走る時の呼吸法を教えてもらった譲。
譲は知っている。それがラマーズ法だということを!
でも、先輩に・・・先輩に教えてもらったんだから、
何が何でも、その呼吸法で走る譲。愛だね(笑)

【未來空想カプセル】林みかせ
なぜか、時空を超えて、現代へ着ちゃった慎之介さん(明治41年生まれ)
文明の利器に、毎回驚いたりするのが可愛かったです♪

【もちもちの神様】森生まさみ
おっくんのことを異性として意識しちゃったルカが可愛かったです。



できることなら全作品感想を書きたいところですが、力尽きました;(汗)

次号3月号は、2月10日 発売。表紙は「八潮と三雲」
付録は、「遙か5」スクールカレンダー


ブログ拍手ありがとうございます♪励みになります!
関連記事
スポンサーサイト
【編集】 |  22:22 |  マンガ  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。